« 「ほんまや」の原価 | Main | 半日で3800円儲かった »

09/16/2010

長寿県は何の指標になるか

9月16日付日経朝刊「春秋」に、いままで人口10万人あたりの100歳以上のお年寄りの数が38年間トップだった沖縄県を押しのけ、島根県にとって替ったという記事が載っていました。そして、「果たしてこのデータは何を言わんとしているのか?」

というのも今回の交代劇の裏には、沖縄の人口が6,000人増え、島根は7,000人減ったという事実があるため。若者が県を離れて人口が減っても数字は上がる。そんなものを喜んでいいのか?というわけです。

たしかに長寿県になったといって喜ぶべきかどうか、疑問がありますね。それよりも沖縄の人口が6,000人も増えたのはなぜでしょう。まさか、普天間に反対する活動家が住民登録を本州から沖縄に移したわけでもないでしょうが・・・

|

« 「ほんまや」の原価 | Main | 半日で3800円儲かった »