« 三度目の婚姻届 | Main | コードがなくても充電できる! »

09/12/2010

ゲゲゲを見ると結婚したくなる

「週刊文春」9月16日号の阿川佐和子さん対談は、NHKアナウンサー住吉美紀さん。

阿川:行動力があるねえ。
住吉:それがアダになることもあるんですけどね。石橋を叩かずに渡るタイプなんで。
阿川:何、何? アダとなった例を三つ挙げよ。男とか?
住吉:冷静に考えないまま告白しちゃうとか(笑)。小学校の高学年の頃、便箋にビッシリ熱い思いを綴ったラブレターをいきなり渡して、相手に「何だ、これ」ってびっくりされたことがあります。
阿川:どうなったの。
住吉:もう失恋ですよ。大人になるまで、手紙書いたりマフラー編んだりして、何度も失恋しました。

なんて対談があって・・・

阿川:一度結婚なさったそうですけど・・・
住吉:2年ほど。離婚したのが6年くらい前。当時は悩みましたが、その後気持ちに整理をつけましたから・・・
阿川:もう一度、結婚したいですか。どういうときに結婚したい?
住吉:「ゲゲゲの女房」を見ているとき(笑)

貧しい生活をともに乗り切る「ゲゲゲの女房」には、理想の夫婦像を連想させる効用もあるでしょうね。

|

« 三度目の婚姻届 | Main | コードがなくても充電できる! »