« てっぱん ロケ地めぐり9 [お好み焼きを食べたかった」 | Main | 大阪弁川柳 »

12/05/2010

くじけないで

今朝の産経新聞にトーハンの今年のベストセラーが記事になっていました。
ベストテンの中で自分で買って読んだのは2冊だけ。

5位:村上春樹さんの小説「1Q84 BOOK3」と、10位:柴田トヨさんの詩集「くじけないで」。

詩集がベストテンとは、珍しい現象ではないでしょうか。

柴田さんは産経新聞1面左上に毎日掲載される「朝の詩(うた)」の常連さん。現在98歳の方ですが、そのみずみずしい感性と生き方に共感を覚える読者がたくさんいます。

当初、希望者に頒布していたと思いますが、飛鳥新社から本格的に発売され、詩集としては異例の大ヒットになりました。私は「頒布のお知らせ」記事は何回も見ていましたが、当時は申し込んでいませんでした。最近、書店で手に取り、その場で購入しました。素直に生きていくトヨさんの詩に感動します。すばらしい詩集です。

帯に読書の感想が印刷されています。
「やさしさとしなやかさ、豊かな感性に心がふるえ、涙しました」
「子どもが生まれて大きくなったら、この詩集を必ず手渡します」
「私も夢をあきらめず、トヨさんのような素敵な女性になりたい」
「気張らずに深呼吸してごらん? と亡き母に言われたようでした」
「この詩をみんなと分かち合いたい! これぞ私の心のビタミン剤!」

最近いつも枕元におき、適当なページを開いて1編読んでから寝るようにしています。

|

« てっぱん ロケ地めぐり9 [お好み焼きを食べたかった」 | Main | 大阪弁川柳 »