« B案グランプリ | Main | 藤原正彦先生の名言 »

02/08/2011

デンドロビウム

花を買ってきました。デンドロビウム。しばらく目の保養になりそうです。

ネットで検索すると・・・

デンドロビウム(Dendrobium) は、ラン科の多年草ですが、 コチョウラン(胡蝶蘭、Phalaenopsis:ファレノプシス) ほど高値の花といった感じではなく、普段使いの花といった趣の花です。

葉はシンビジウムほど長くなく、丸味を帯びて短めです。代表的なものは、ノビル系やファレノプシス系(デンファレ系)で、他にフォーモーサム系、キンギアナム系もあります。

単にデンドロビウムといえばノビル系をさすことが多く、ファレノプシス系はデンファレと呼んで区別しています。

一般名:デンドロビウム(Dendrobium)
学名:Dendrobium spp.
科属名:ラン科デンドロビウム属
原産地:熱帯アジア、オーストラリア

●ノビル系-鉢物として出回り、草丈20~80cm、直立した太いバルブの節に多くの花を密集してつけます。花径は3~8cm、花芯(花の中心)は濃色で花色はピンクや淡紫、赤紫、黄色、白があります。葉は短めで丸味を帯びた長楕円形で厚みがあります。花期は12~5月です。原産地はヒマラヤ~タイ

Sp1010562


|

« B案グランプリ | Main | 藤原正彦先生の名言 »