« 芥川賞2作品 | Main | 年金の掛金を払わなかったら »

03/06/2011

京大不正入試

京大等の入試不正事件はどうやら仙台の予備校生の単独犯行で落ち着きそうです。
専門家等の見立ては大はずれ。「一人でできることではない」「問題をスキャンして外部の仲間に伝えて・・・」「特殊な機器を利用したのでは」といった推測はみんな外れました。

マスコミに引っ張りだこだった某ITジャーナリストは、「イヤフォン付マイクで問題文を読み取って外部の協力者に流した」「ハンドルは逆から読んで<行くぜCAI>だ」と言っていたそうですが、笑ってしまいます。専門家と称する連中の意見は参考になりません。

取材競争のあまり、あせって大誤報をしたのが産経新聞夕刊(大阪本社のみ発行)とWebのMSN産経ニュース。3月2日付夕刊の誤報「東京の2高校生関与」を翌日朝刊でどう説明するのかと思っていたら、「東京の高校生2人が関与していたとみられていたが、府警はNTTドコモから情報提供を受けるなどしてさらに捜査を進めたところ、この予備校生が浮上した」と苦しい言い訳。 もっとも夕刊のない東京でも通用する文章を出稿したのかもしれませんが・・・

さすがに批判が多かったと見え、3月5日付夕刊11面(社会面)に夕刊編集長・竹田徹氏の署名入り3段抜きの謝罪記事(51行)を掲載しました(我が家に配達された5版による)。Web版の文章とは少し違う部分もあります。

11行目に「誤報になってしまいました。読者の皆様にお詫びします」。続いて記者の取材内容と誤報記事が掲載されたいきさつを24行にわたって説明した後、読者から多くのお叱りの電話やメールをいただいたこと、さらに「新聞社にとって、この誤報は痛恨の極みです。・・・今回の件を教訓として今後に生かしたいと思います」と結んでいます。

3段抜き、51行というのは誤報の謝罪にしては異例の長さでは? 事情はよくわかりましたが、間違わないようしっかり頼んまっせ!

|

« 芥川賞2作品 | Main | 年金の掛金を払わなかったら »