« 京大不正入試 | Main | 信号の色、けさのTVおかしいんじゃ? »

03/08/2011

年金の掛金を払わなかったら

辛坊治郎さんの読売テレビ朝の番組を見ていたら、「25歳から29歳の若者のうち年金の掛金を払っていない人が半分いる」そうです。最近、「若者が年金をもらう頃には年金が破たんする」とか、「掛金よりもらう額が少ない」とか言われるためでしょう。

しかし、基礎年金の半分は税金です。掛金を払わなければ、税金分ももらえません。

もうひとつ、私たちは将来とも健康で働けるとは限りませんね。万一、障害者になって収入が途絶えた場合、年金の掛金を払っていれば、障害年金がもらえます。掛金を払っていなければ資格はありません。いま現在だけの損得勘定で判断すると、将来に禍根を残すことにもなりかねません。

以前、旦那さんが死亡して収入が途絶えた女性が、年金の掛金をきちんと払っていたおかげで遺族年金がもらえ、子供さんを立派に育てることができた話を聞いたことがあります。年金は、保険にもなるということですね。とかく忘れがちな視点です。

|

« 京大不正入試 | Main | 信号の色、けさのTVおかしいんじゃ? »