« ウメサオ タダオ展(1) | Main | 万博公園・日本庭園のいま(1) »

05/01/2011

映画 阪急電車。本日深夜 関西TVをぜひ!

つい1週間前まで「アリカワ ヒロシ 男性」とばかり信じていた作者が、実は「アリカワ ヒロ 女性」だと知り、びっくりしました。小説を読んだときは気がつきませんでしたが、映画を見て納得。女性ならではの感性にあふれたストーリーや発言が山盛りです。男性ならこういう小説は書けませんね。

「おや」と思ったくらい、小説の構成がユニークです。次から次へと展開するさまざまな人間模様が、じつに巧妙につながっていくのは見事。映画がどう表現するのかと楽しみでした。期待を裏切らないできばえでしたね。

やさしいけど毅然とした態度を見せるおばあちゃんの時恵(宮本信子さん)。電車の中で騒ぐおばちゃん連中を叱り付ける迫力には圧倒されました。

神戸出身の戸田恵梨香さんが演じるのは、恋人のドメスティックバイオレンスに悩む女子大生ミサ。この人の笑顔には大人の女性を感じさせる、なんともいえない魅力があふれています。

恋人を後輩(安めぐみさん)に寝取られ、結婚式で討ち入りを果たした翔子役の中谷美紀さんはベテランの味を出しています。

堺出身(でも高校は摂津市)の谷村美月さんは、あの権田原美帆(ごんだわら みほ)役。かわいい女の子なのに時代がかった苗字がかわいそう。彼女、2年前くらい前はもっと細面だったような印象が・・・

子役の芦田愛菜ちゃん、気弱な主婦・房江の南果歩さんなど出演者も多彩です。もっとも主役はみんな女性ですね。女性作家らしく、さまざまな女性の人生を織り込んだストーリーになっています。

ところで・・・なんだか物足りないなあと思ったのは、小説の冒頭とエンドを飾る征志とユキが映画に出てこないこと。有川さんにこの小説を書かせる動機になったといわれる武庫川の中洲に作られた震災復興の願いを込めた「生」の字の話も。

不思議だなあと思ったら、ちゃんと「スピンオフドラマ! 阪急電車 片道15分の奇跡 征志とユキの物語」という作品ができていたのですね。俳優は征志:永井大、ユキ:白石美帆。auのLISMOドラマプロジェクトで4月1日から毎週金曜日に配信されたようですが、本日深夜(5月2日午前1時10~40分)、関西テレビで放送されますよ。これは録画してみなければ!

|

« ウメサオ タダオ展(1) | Main | 万博公園・日本庭園のいま(1) »