« 映画 岳(がく) | Main | 孫がしゃべっていた! »

05/22/2011

ストロンチウムは役に立っている

へーえと思ったのが4月21日付フジサンケイ・ビジネスアイに掲載されていた記事。

有害イメージの強い放射能のストロンチウムですが、炭酸ストロンチウムの形で中国から1万1000トン、ドイツやメキシコから7000トンずつ、合計2万7000トンも輸入されている重要な資源だそうです。

用途は二次放射線を防止する目的でカラーテレビ等のブラウン管ガラス(こちらはほとんど国内での製造を中止し、中国、タイ、マレーシアに工場移転しましたので最近ほとんどゼロ)、液晶用やプラズマディスプレー用に炭酸ストロンチウムが1万トン使われています。

そのほか、ストロンチウムフェライト磁石に3200トン、亜鉛の精錬工程で脱鉛用添加剤として2000トン使用されます。

日本の主要生産者2社のうち1社は「堺化学工業」です。(N)

|

« 映画 岳(がく) | Main | 孫がしゃべっていた! »