« つばめとめだかとトマト | Main | ゴーちゃんのまち »

05/29/2011

放課後はミステリーとともに

「謎解きはディナーのあとで」が本屋大賞を受賞した東川篤哉(ヒガシガワ トクヤ)の小説「放課後はミステリーとともに」を読みました。もっとも書店であわてて手に取ったものですから、「謎解きは・・・」のはずが「放課後は・・・」だったのですが・・・

なかなか面白い本でした。昔よく読んでいた赤川次郎の小説に雰囲気が似ています。えっと思わせる意外な謎解きがつぎつぎ登場して楽しめます。第1話からして主人公 霧ケ峰涼の正体には唖然とさせられます。

その直前に読んだのが村上春樹の「海辺のカフカ」でしたから、非常にわかりやすく、読みやすい小説に思えたのは当然かも。

さて、順番が逆になりましたが、今度は間違わずに「謎解きは・・・」を買って読まなくっちゃ。(N)

|

« つばめとめだかとトマト | Main | ゴーちゃんのまち »