« 放課後はミステリーとともに | Main | 地震で50cm動く県庁ビル »

06/01/2011

ゴーちゃんのまち

三重県の県庁所在地「津」に行きました。今年の大河ドラマ「江」の舞台のひとつ、津城はお市の方と三人娘が本能寺の変まで平和に暮らしていたところです。街中にキャラクター「ゴーちゃん」の絵があふれていました。目が2本線になっている方はさておき、しっかり見開いた方の顔は、江役の上野樹里さんに似てるかも。

Sn3g0132


Sn3g0133

さて、津市に到着して昼ごはんを思ったところ、食べるところが見つかりません。大阪なら道路を100mも走れば10軒は駐車場付き食堂があるところですが、ほとんど目につかないのはなぜ? 三重県だから「伊勢うどん」でもと思ったところ、目に付いたのばラーメン屋だけ、しかも駐車場なし。多いなあと思ったのはウナギ屋。ただし、駐車場のあるところは見つかりません。

1時間も市内を車でぐるぐる走り回ってやっと見つけたのが、警察署の近くの路地を入ったところの「キッチンかどき」さん。10台も停まれる立派な駐車場付きのありがたいレストランでした。

もうひとつ津で目にした珍しい食べ物が「津ぎょうざ」。食べなかったので味はわかりませんが、巨大揚げ餃子です。B級グルメとして売り出し中だそうです。(N)

|

« 放課後はミステリーとともに | Main | 地震で50cm動く県庁ビル »