« 青梅の蜂蜜漬けジャム | Main | 続・ウメサオタダオ展(12) »

08/25/2011

麻生千晶さんの毒舌炸裂

紙面刷新以前のフジサンケイビジネスアイで連載されていた芸能コラムが楽しみだった麻生千晶さん。きょうのMSN産経ニュースで、久しぶりに辛口テレビ評を読みました。テーマは島田伸助騒動。

彼女によれば、「テレビ局は品位と責任が求められるが、伸助は突っ込みと称する<いじり>と<いじめ>を繰り返していた。テレビ局は、彼のような下品な発言で人間の卑しい欲望に応える存在に、視聴率が取れるからと大金を積んできた。しかも出演者やスタッフの選定までしていた。大権力者になり、人の顔や造作、体型まで言うなど全く見苦しかった。しかしテレビ局はひれ伏してきた」。

「テレビ局は、暴力団がらみの不祥事は偉そうに糾弾するが、彼を雇っていた局側の責任は大きい。背景には吉本の巨大な力がある。若手芸人をタダみたいなギャラで出し、彼には高い出演料を払わせ、収支を合わせる」。

「これで多少、テレビ界の風通しがよくなる。テレビ局はまっとうに芸で勝負する人間を使うべきだ」。

と、いつもながらばっさり。相変わらずお元気ですね。(N)

|

« 青梅の蜂蜜漬けジャム | Main | 続・ウメサオタダオ展(12) »