« 関西ならでは? | Main | 住所の書き方 »

01/27/2012

老化した全身を若返らせる」ことができる!?

老化予防でなく、「老化した全身を若返らせる」ことができる!?

1月25日のNHK「ためしてガッテン!」。ストレッチが、糖化したコラーゲンを壊して新しいコラーゲンに置き換える、すなわり老化した全身を若返らせることがわかってきたそうです。

概要は次のとおり。

1.体の硬い人と柔らかい人では、筋肉の中の“コラーゲン”の質に違いがある。運動不足や糖質のとりすぎなどで血糖値が高い状態がつづくと、コラーゲンに糖がまとわりついて伸びにくい筋肉に変質してしまう。コラーゲンが糖化すると、筋肉、骨、血管など全身の老化が加速する。

2.近年、糖化されたコラーゲンがストレッチによって改善されることがわかってきた。ストレッチで筋肉をのばしていくと、その刺激によってコラーゲンを製造する特別な細胞「線維芽(せんいが)細胞」が活性化し、糖化されたコラーゲンを壊して、新しいコラーゲンに置き換えてくれる。柔軟性を高めることは、全身の筋肉を若返らせることになる。

3.さらに、ストレッチによって「血管の筋肉」も柔らかくなり、動脈硬化が改善することもわかってきた。半年間ストレッチを継続したグループは血管年齢が平均10歳若返った。これは、ストレッチの刺激によってコラーゲンの糖化が改善される効果に加え、血管内皮細胞から血管を柔らかくする一酸化窒素(NO)が出るためと考えられる。

|

« 関西ならでは? | Main | 住所の書き方 »