« ちちんぷいぷい コラボパン | Main | 「今昔亭」の町家寄席 »

02/04/2012

東京直下型4年以内に70%の出鱈目

「たかじんのそこまで言って委員会」で何年も前から「地震予知はできませーん!」と変な日本語で主張し続け、視聴者をあっと言わせてきた東大の地震学教授ロバート・ゲラー先生が、「東大地震研究所平田直教授の『東京直下型4年以内70%』は出鱈目、何の意味もありません」と言っています。

なぜか?

「平田教授が試算に活用したのは、Mが1上がると発生確率は10分の1になるという地震学の経験則グーテンベルグ・リヒターの式。しかし、平田さんらがサンプルを取った期間は、昨年3月11日から9月10日までの60日。当たり前ですがこの半年間、余震の数が極めて多かった。当然、M7の地震が発生する確率も高くなる。彼らの試算はきわめてあいまいな数値の上に立脚している」。
今朝の産経「週刊誌ウオッチング」から。元週刊文春編集長花田さんのコラムです。元ネタは週刊新潮です。

|

« ちちんぷいぷい コラボパン | Main | 「今昔亭」の町家寄席 »