« 鳥を描く方法 | Main | 「金星」という名のりんご »

02/02/2012

貧乏ゆすりで軟骨再生!

2月1日のNHK「ためしてガッテン!」で常識を破る新情報が紹介されていました。
股関節の軟骨が磨り減って骨と骨が接触して生じるのが変形性股関節症。その治療に貧乏ゆすりが効果をあげるという内容です。
実際に、軟骨がほぼなくなった患者さんの5年前のX線写真と現在のはっきり軟骨が再生して骨と骨の間に隙間が認められるX線写真を比較して紹介していました。
別の病院では手術後の患者に貧乏ゆすり治療を適用したところ、6割に軟骨再生を促す効果を確認したそうです。

すり減った軟骨の再生はありえない、と聞いていましたけどねえ。貧乏ゆすりにより「リラックスした筋肉の運動が栄養を補給し、軟骨ができる」、「関節を動かすこと自体、軟骨に栄養を供給することになる」という理由だそうです。
貧乏ゆすりのかわりに足を開く運動でも可とのこと。

先週の「(予防でなく)すでに老化済みの全身再生にストレッチが役立つ」という情報と並んで、このところの「ためしてガッテン!」は老人向け情報が続きます。

|

« 鳥を描く方法 | Main | 「金星」という名のりんご »