« ツナめしとアボガドやっこ | Main | 三宅久之さん、<たかじん>だけは継続か »

03/24/2012

猫を怖がらないネズミ、脳科学最前線

サイエンスカフェ「惹かれる匂い 怖い匂い」に参加しました。大阪バイオサイエンス研究所小早川令子博士の講演と質疑応答を通じて、匂いに関する驚くべき話を聴きました。
遺伝子操作で匂いセンサーをいじったネズミは、天敵のネコを怖がらないそうです。
高脂肪食を食べても太らない匂い、脂肪の燃焼量が大きくなる匂いの存在もネズミで証明されています。将来、脳科学的にストレスを抑える匂い、恐怖を感じる匂い等が利用されるようになりそう。イノシシ等から農作物を守る匂いも・・・。 

匂いを感知する回路は、遺伝的プログラムによる先天的なものと経験や学習によって得られる後天的なものがあることがわかり、遺伝子操作で前者に機能障害を起こさせた背側除去マウスを使ってさまざまな研究が小早川夫妻によって行われています。

|

« ツナめしとアボガドやっこ | Main | 三宅久之さん、<たかじん>だけは継続か »