« 今昔亭で町屋寄席 | Main | サーモンコーンチャウダー »

03/12/2012

初のノーベル賞は大阪中之島で生まれた

Photo


日本初のノーベル賞といえば湯川秀樹博士。湯川博士といえば京大、というのが常識ですが、なんと大阪・中之島にある大阪市立科学館には標題のコーナーがあります。というのもノーベル賞受賞の対象となった中間子論を発表したのは、湯川博士が大阪帝国大学理学部に勤めていた時です。当時の理学部が移転後、その跡地に建設されたのが、いまの大阪市立科学館なのです。

|

« 今昔亭で町屋寄席 | Main | サーモンコーンチャウダー »