« 「孤宿(こしゅく)の人」に熱中 | Main | 初のノーベル賞は大阪中之島で生まれた »

03/11/2012

今昔亭で町屋寄席

Photo_8


江戸時代の座敷で、行灯の明かりの下で落語や講談を聞ける「大阪市立くらしの今昔館」の町屋寄席。
今回は桂三枝さんの12番弟子(←覚え方は簡単。3×4=12)にあたる桂三幸さんの「みかんや」と林家染雀さんの「豊竹屋」。
愛媛出身の三幸さんは本来和歌山みかんで演じるところを愛媛みかんにしての熱演。
染雀さんは三味線持参で三味線のパーツについて基礎知識や素材、口三味線等の解説をしたあと、本題に入るというていねいなお話でした。人形浄瑠璃は1文字をながーくながーく伸ばして発声するといった実例も紹介していただいて「なるほど」と少しわかった気分に。

|

« 「孤宿(こしゅく)の人」に熱中 | Main | 初のノーベル賞は大阪中之島で生まれた »