« March 2012 | Main | May 2012 »

04/30/2012

あやめ

といっても植物でなく、auのコマーシャルに出てきて「巨人の星」星 飛雄馬(ほし ひゅうま)を振る?女性。名前が「剛力彩芽」=「ごうりき あやめ」と知り、かわいい女の子らしからぬ名前といささかびっくりしましたが、本名だそうですね。ついでながらあだ名は、あやめの「め」とごうりきの「ご」から“めごっち”だそうです。

|

らくてん会

くらしの今昔館で「らくてん会」の寄席を見ました。
プロでなく、社会人が演じる落語会です。
素人ではありますが、落語はうまいし、お囃子も録音を流すのでなく実演です。演目が替わるたびにお茶子の女性が出てきて出演者の名前を書いた紙をめくったり、高座の座布団をひっくり返しますので、まるで本当の寄席みたい。

|

意味不明の表現

新聞記事に「車体は鉄よりは強度が弱い軟鋼製だが・・・」。これを書いた記者は、軟鋼が鉄の一種だということをご存知ないらしい。

|

04/29/2012

さっそく伊勢海老料理

Photo


鹿児島県肝付町からいただいた「活き伊勢海老」を早速夕食でいただきました。伊勢海老の味噌汁と刺身。
とくにぷりぷりした刺身は絶品でした。

|

草原の王朝 契丹(きったん)

Photo_2


大阪市立美術館で開催中の展覧会を見てきました。10-12世紀に中国北方を支配していた遊牧国家契丹(遼)ゆかりの出土品を展示してあります。
諸民族と活発な交流をしながら、200年にわたって豊かな国家を形成した国ですが、記録に乏しく、長い間草原に消えた「まぼろしの国」とされてきました。近年、王族の墓や仏教寺院の遺跡などが発見され、繁栄と文化レベルの高さが明らかになってきました。
黄金の仮面や腕輪、銀の宝冠や靴、銀に宝石をあしらった馬具、シルクロードを経て運ばれたガラス器、翡翠、瑪瑙、トルコ石のネックレス、白磁、青磁、遼三彩等の磁器、壁画や板絵、仏像や銀の舎利塔、彩色木棺等から知られざる契丹の多彩な文化・美術をしのぶことができます。

中には「おやっ」と思うようなものも。例えば、指輪にヒキガエルの装飾がついたものが目に留まりました。解説を読むと、ヒキガエルは月の精で、女性の臣下と考えられていたそうですね。

|

杓子(しゃくし)如来

Photo_4


大阪市立暮らしの今昔館にある「杓子如来」。
「しゃくな事をすくい取り、盗人をめしとる」ありがたい如来様です・・・

|

はやぶさ からの贈り物

Photo_3


ピンポーン! 「クール宅急便です」。届いたのは「活きた伊勢海老」でした。なんと3匹も入っています。
3月に映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を見たとき、ロケ地の鹿児島県肝付町(きもつき、町村合併でいまは内之浦町という名はありません)のプレゼントキャンペーンに応募したのを思い出しました。「活き伊勢海老 10名様」にまさか当選したとは!

|

04/28/2012

コブシの変貌

Photo_5


4/8に「コブシの花が咲きました」と南港通りの街路樹・コブシに真っ白な花が咲いている写真を載せました。あれから20日しかたっていませんが、いまや花はまったくなくなり、どの木も青々とした葉が勢いよく天を目指して伸びています。初夏ですねえ。

|

100年前の通天閣

100


初代通天閣ができたのは100年前。凱旋門の上にエッフル塔が載っているようなデザインでした。写真は暮らしの今昔館のジオラマ「ルナパーク」より。

|

ぺこちゃんとローラ

テレビにタレントのローラちゃんと不二家のぺこちゃんが仲良くいっしょに出ていました。どちらも舌をべろっと出すところがそっくり。

|

BSフジ 憲法をめぐるお話

日本国憲法についてまじめに、連続5日間も取り上げる特別企画です。
4/30 5/1、5/2、5/3、5/4 20時~21時55分
ゲスト 日本国憲法(65歳)、出演は安部元総理、田久保氏ほか。

|

中島みゆき LIVE 歌旅 劇場版

5/12(土)から2週間限定、TOHOシネマズやワーナーマイカルの一部劇場(大阪ではTOHOシネマズなんばとワーナーマイカル茨木のみ)で全国上映されます。
中島みゆきさんの通常のコンサートツアーを記録したライブ映像は、「歌旅~中島みゆきコンサートツア2007」(DVD)しかありません。かたくなにライブを残さない理由を彼女は、「ツアーは一期一会だから」と語っています。
私もこのDVDは持っていますが、デビュー曲「アザミ嬢のララバイ」と30年後の「ララバイSINGER」をミックスした曲を初めとして30年間の集大成ともいえる完成度の高い珠玉の歌曲集です。DVDは3時間ありますが、劇場版はツアーの楽屋裏や移動中の記録を省いて2時間に編集したもののようです。
このDVDは大好きで、もう何回繰り返して見たかわからないくらい。あれを劇場の大スクリーン、5.1チャンネルサラウンドで味わえるのですから、臨場感あふれるまるでツアーの現場にいるみたいな感激を味わえるでしょうねえ。
なお、テレビで「1975年のヤマハ ポピュラーソングコンテスト本選会で「時代」がグランプリを受賞した現場を目撃しました」、と語っていたのは東国原元宮崎県知事です。

|

04/27/2012

一度あることは二度・・・なかった

NHK大阪ホールでの公開録画に初めて申し込んで当選したのに味をしめ、「5月の上方落語の会」と「ふたりは最高!大阪SHOW TIME」に応募したところ、どちらも落選通知が返ってきました。ちなみに落語は633人当選に対して応募が2091通(3.3倍)、SHOW TIMEは655人当選に対して応募4679通(7.1倍)でした。SHOW TIMEの出演者名を知らずに申し込んでいましたが、確認すると今回は堀内孝雄と石川さゆりでした。
倍率がこの程度ですから、往復はがきをじゃんじゃん出せば、確率的には当たるということですね。
ただし、さすがNHK、「売買目的の応募は厳禁。発見したら無効」としつこく書いてあります。過去にダフヤまがいのことをした人がいたのでしょうね。

|

カルピス届きました

諏訪さんの書き込みを見て私もプレゼント申し込みに参加したところ当選し、新容器入りカルピスとコップが本日届きました。ありがとうございます。

|

天王寺公園のツツジが咲いてきました

Photo_7


大阪市立美術館横のキリシマツツジです。

|

あべのハルカス 200m突破

200


近畿日本鉄道(株)は、2014年、大阪・阿倍野に、展望台、ホテル、オフィス、美術館、 百貨店を備えた地上300m日本一の超高層ビル「あべのハルカス」をオープンします。写真は慶沢園から見た高さ200mを突破したハルカス。

|

通天閣の時計が正しくなっていた

「通天閣の時計が正しくなっていた」
以前、「通天閣の時計はいつも数分進んでいる」とブログに書いたことがあります。きのう久しぶりにチェックしたら、いつのまにか正しくなっていますね。「大阪人のルーズさを正すため、わざと時間を進めているのではないか」と疑っていましたが、今年は通天閣創業100周年ですし、時計も時間厳守にしたのでしょうか。
写真を撮ったとき、携帯の時刻表示は16:41でしたのでぴたり一致。

|

04/26/2012

宮部みゆき4週連続極上ミステリー

TBS系で5月7,14,21,28日に放送されます。
第1夜「理由」、第2夜「スナーク狩」、第3夜「長い長い殺人」、第4夜「レベル7」。
TBSは1~3月にも「ステップファザー・ステップ」をドラマ化しましたし、熱烈な宮部ファンがいるのでは?
今回の「原作プレゼント」アンケートをみればよくわかります。
「長い長い殺人」はたまたま今読んでいるところ。他の3作品はまだ・・・

|

04/24/2012

焼氷とは?

きょうの産経夕刊に「新世界 幻の焼氷求めて」という変わった見出しが躍っています。今年は通天閣100周年、それにちなんで商店街の喫茶店等があいついで記念メニューを発表しています。3/17に書き込んだ「びっくりぜんざい」もそのひとつ。
今回、100年前に発行された新世界の写真集に「焼氷」の看板を見つけ、何とか復活しようと取り組んでいるそうです。ただし、いまのところどんなものか資料がほとんどなく、苦戦しているみたい。写真の解説に、「焼氷(やきこほり)は一種特別の製作に係り頗る珍味なるものにして評判殊に宜し」とあるそうです。
「アイスクリームのてんぷら」を食べたことはありますが、あんなものでしょうかねえ。記事によれば、「かき氷にブランデーをかけて着火する」とか、「かき氷に練乳をかけて、酒を注いで着火する」といった方法をベースに研究しているようです。
完成したという続報が掲載されたら食べに行ってみよう・・・

|

電子レンジで 肉じゃが(再チャレンジ)

Photo_8


前回、材料がそろわずレシピを記述していなかったので再チャレンジ。
(材料)牛こま切れ肉 100g、ジャガイモ 1個、タマネギ 1/2個、ニンジン 1/2本、万能だし(「MBS魔法のレストラン」のものwp使いましたが めんつゆでOK)大匙2.5、みりん 大匙2

1)牛こま切れ肉を一口大に切り、ジャガイモ、ニンジンはやや小さめに乱切り。タマネギはくし形切り。
2)シリコンスチーマーに、ジャガイモ、ニンジン、タマネジを入れ、上に肉を並べます。上から万能だしとみりんを混ぜたものを回しかけします。
3)蓋をして500Wの電子レンジで7分間加熱します。
4)いったん取り出し、蓋をとって一混ぜして、さらに7分間加熱します。

|

宮部みゆきさんの <パーフェクト・ブルー>

宮部みゆきさんの長編第1作。冒頭3ページの凄惨な殺人事件の描写が突然消え、話は全然違う探偵事務所や製薬会社を舞台にしたシーンへ。やがて殺人事件の裏に潜む薬害事件およびあっと驚く核心へと展開していきます。
巻末の解説で、鮎川哲也氏が宮部さんを絶賛しています。
<素材が金剛石でなければいくら師匠がサンドペーパーでこすっても優れた女流新人が生まれるはずがない。宮部さんは本質的にダイアモンドだったのである。・・・八面六臂の大活躍を演じてみせ、世人をあっといわせる。これだけ書けばそろそろ疲れを見せ始めるころであるが、あの小柄な、可愛らしい体のどこにこんなファイトが潜んでいるのであろうか。・・・登場してわずか5年という短い歳月の間に、日本推理サスペンス大賞、日本推理作家協会賞、吉川英治文学新人賞を獲得した超人的な才能を持っている。・・・呼吸を得た(ストーリーの)展開はすでにベテラン作家に通じる。「末恐ろしいお嬢さん」なのである。・・・彼女のなみなみならぬ才能を見せ付けられた思いがする。・・・ミステリーの多くは陰湿な殺人事件を描くものだが、宮部さんの書くものは軽快な筆さばきに加えて内容が明るい。・・・それがまた好評を博する理由のひとつではないか> (「パーフェクト・ブルー」1982、加筆訂正版1992)

|

04/23/2012

大統領選はイヌ論争から

アメリカ大統領選は長期にわたって、政策だけでなく、私的な行動も含めてあらゆる視点から徹底的したチェックがなされます。選ばれた後、的確性に疑問符がつくことの多い日本とはえらい違いです。

いま大論争になっているのが「イヌ」論争。共和党のロムニー氏はかつてペットのイヌを車の屋根にとりつけた箱の中に入れ、夏休みに12時間もかけてドライブしたとして、ペット虐待を問題にされています。「ロムニー候補に反対するイヌ連盟」という団体までできたそうです。
一方、民主党のオバマ氏は少年時代、自著で明らかにしたイヌの肉を食べていたことが問題にされています。
(産経4/21、古森義久「緯度経度」より)

|

東京スカイツリー駅開業

Photo_9


東京スカイツリーのオープンが近づき、東武鉄道の業平橋(なりひらばし)駅も東京スカイツリー駅に衣替え。
ニュースで見ていたらスカイツリー横のホームに目隠し?の天井ができていました。去年6月に行った時、「危ないのでホームから身を乗り出して写真撮影しないでください」という張り紙がありました。
あの時、身を乗り出さずに撮った写真です。

|

週刊誌でこんな刺激的な記事を読んだのは久しぶり

と花田紀凱(かずよし)氏に書かせたのは、今週の週刊文春。朝日新聞太田裕之記者の寄稿した「年金大誤報にだまされるな」という記事です。年金破綻を煽るNHK、日経、週刊ポスト、週刊文春等、みんな無知からくるトンデモ記事とのこと。太田氏の結論は、「公的年金は決して破綻しない。現行制度を手直しして続けていくのが最善」だそうです。
どんな内容なのか、詳細を読んでみたくなります。
(産経新聞4月21日付「花田紀凱の週刊誌ウオッチング」

|

負のスパイラル

LCCのジェットスターが「最低価格保証(お客様が、同様の時刻の同ルートでJetstar.comに掲載されたジェットスターの最低運賃よりも安い他社の同クラスの航空運賃をインターネット上で見つけられた場合、当社はその運賃よりさらに10%値引きいたします)」を発表したら、ピーチがすぐJスターと同額運賃に。こういうときどうなるの? お互いがどんどん安くしてついに「ただ」? その前に両方ともつぶれるでしょうが・・・  

|

« March 2012 | Main | May 2012 »