« 海遊館にジンベエザメがいない | Main | こんな宝くじも »

05/09/2012

時計遺伝子でやせる

以前、時間治療ががんや関節リウマチなど難病に画期的効果をあげている、との記事を書きました。同じ考え方で体内の時計遺伝子をうまく使うことにより、従来と同じカロリーの食事でも痩せることができる、という特集をNHK「あさイチ」が放送していました。
やり方は簡単。時計遺伝子BMAL1(ビーマルワン)は脂肪を細胞内に溜め込みます。体内のBMAL1量は朝から次第に減少し、15時に最少となり、深夜にかけてどんどん増加し4倍になります。BMAL1が少ない時に食事をすれば、脂肪の体内蓄積が少なくなるというわけ。
この方法の鉄則は、1.朝食をとる→ 体に活力が出て、消費エネルギーが高まる 2.夕食は早めに→BMAL1が最大値になる前、21時前には食べる 3.分食を利用せよ→夕食が遅くなると、おなかが減って食べる量が増える。17~18時に軽く食べておけば、夕食は少なくて済む。
肥満の悩みをお持ちの方、ぜひチャレンジされては・・・

|

« 海遊館にジンベエザメがいない | Main | こんな宝くじも »