« 大規模地下街にいるとき停電になったら | Main | 堺は人でいっぱい (2) »

05/28/2012

堺は人でいっぱい (3)

「妙国寺」は蘇鉄と堺事件で有名。織田信長が妙国寺の大蘇鉄を安土城に運んだところ、「妙国寺に帰りたい」とすすり泣き、怒った信長が家来に刀で切り付けさせると、切り口から鮮血のような液体がほとばしり、大蛇のように身をくねらせて悶え、妙国寺に戻されたという言い伝えがあります。

堺事件は、明治維新のころ、土佐藩士がフランス兵を殺害したため、土佐藩士11名が事件現場近くの妙国寺境内で切腹させられたという事件です。遺髪や辞世の句を書いた似顔絵が展示されていました。その他、吉田兼好の「徒然草」真蹟や加藤清正が朝鮮出兵から持ち帰った宝剣や秀吉の朱印状等もありました。

拝観料400円を払って荷物を預けたとき、「本堂内は撮影禁止ですが、蘇鉄は庭から撮影できます」との説明を受けました。一部ガイドさんは庭の立入りを認めず、「せっかく蘇鉄と娘の写真を撮って、おばちゃんに送ろうと楽しみに待っていたのに」とがっかりして帰った親子もいました。

05283


|

« 大規模地下街にいるとき停電になったら | Main | 堺は人でいっぱい (2) »