« 堺文化財特別公開 | Main | 海遊館にジンベエザメがいない »

05/08/2012

上方講談席

20120508_2


江戸時代にタイムスリップし、大坂の町屋で講談を聴きました。ちょうどゴールデンウィーク期間中だったこともあり、会場(江戸時代の銭湯)は超満員。
演目は旭堂南左衛門さん「西行法師」、旭堂南舟さん「秀吉の足軽時代」、旭堂南斗さん「水戸黄門と農業」。最初に登場した南斗さんは素人向けに講談の解説も。
<落語と講談の違いについて。講談は歴史上の物語。落語と違って最後に落ちがない>、なるほどわかりやすい説明です。<釈台を張扇(はりおうぎ、はりせん)で叩いて、場面を変えたり、山場で調子を出す。寝ている観客をたたき起こすのにも使える(笑)>。

南左衛門さんはさすが貫禄、笑いを取りながら余裕ある名調子で、西行法師が全国修行にでかけるきっかけになった有馬での一夜を演じていました。

|

« 堺文化財特別公開 | Main | 海遊館にジンベエザメがいない »