« 1800年の伝統 住吉大社御田植祭 4 | Main | 生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 2 »

06/30/2012

タニタ食堂本は サラリーマンNEO から生まれた

しばらくぶりにあのNHKらしからぬサラリーマンコントの「サラリーマンNEO」ゴールド版75分間が、ゴールデンタイムに復活と聞いて、さっきまで見ていたのですが・・・

タニタの社食ブームは「サラリーマンNEO」の「世界の社食」で取り上げたことがきっかけです。この事実が世間に知られていないことに我慢ならない番組スタッフは、まずタニタに押しかけて「サラリーマンNEOを見た出版社が、出版企画を持ってきた」との言質をとります。続いて、大和書房に行き、担当編集者から「サラリーマンNEOを見て企画を考えた」と何回も言わせて録音し、「次回、増刷時は帯に<サラリーマンNEOのおかげです>と入れる」ようサンプルを突きつけて強要しました。なんという押しの強さ。編集者は<検討します>と答えていましたが、さて、どうなるでしょう。生瀬 勝久さんは「検討するってことはやらないってことだよ」とフォローしていましたが・・・

どこまで本気で、どこから冗談かわかりませんが、案外NHKも「人のネタを勝手に盗みやがって」と怒っていたのでしょう。それを、こういう形でコントに仕上げるところが、人気の秘密かもしれません。

|

« 1800年の伝統 住吉大社御田植祭 4 | Main | 生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 2 »