« ヒゲの殿下、お亡くなりに | Main | 料理  つぶらなカボスと酢たっぷりの寒天 »

06/06/2012

金星の太陽面通過

大阪は晴れていましたが、途中から雲が出て邪魔をしています。
太陽面を左上から右上に向かってほぼ一直線に移動しています。終わりは13時50分ごろ。金星があまりにも小さくて、太陽のほくろみたい。望遠鏡なしではちょっと苦しく、よく見ないとごみかと思うくらい。でも確かに見えますね。金環食に続いて、珍しい天体ショーを見ることができました。次回は105年後。

毎日JPが「太陽の直径の約30分の1の大きさの黒い点となった金星は午前7時10分ごろ、太陽の前を左上から右下に向かって移動し始めた。終わるのは、午後1時50分ごろ」と書いていましたが、どう見ても左上から右上にほぼ一直線に動いています。記者の早とちりだなと思っていたら、しばらくして「左上から右下に向かって」の部分が消えていました。間違いに気づいたのでしょう。

実際に金星が動いていることを実感するには、ライブ映像の黒い点にカーソルをおいたままにしておくと、次第にずれてくるのでよくわかります。

0606_2


|

« ヒゲの殿下、お亡くなりに | Main | 料理  つぶらなカボスと酢たっぷりの寒天 »