« 初孫の初運動会 | Main | 大阪府庁正庁の間(2)  大正ロマンの部屋 »

06/03/2012

大阪府庁正庁の間(1)

大阪府庁本館は大正15年に竣工し、モダニズム建築のさきがけともいえる重厚なデザインで知られます。中でも5階の「正庁(せいちょう)の間」は、実に壮麗な大正の雰囲気を感じさせる豪華な部屋です。
実はこの部屋は、近年、執務室として使われていました。橋下徹前知事の鶴の一声で、復元修理し、府庁本館活用事業として民間が使えることに。今年1月以降、演奏会や能、人形浄瑠璃の公演などが行われています。橋下効果のひとつですね。
この写真は、正庁の間で行われたコンサートの直前練習風景です。

06031


|

« 初孫の初運動会 | Main | 大阪府庁正庁の間(2)  大正ロマンの部屋 »