« チーズは奈良時代からあった! | Main | <きれいなかった>は きれいでない? »

07/07/2012

生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 6

五木寛之さんの勧める「生き方」の続きです。

5)私は自分の体に合った健康法を発見した。10年かかった。医学常識は数年で逆になったりする。流行がある。例えば以前は「手術後、十分安静に過ごすことが必要」とされていたが、現在は翌日から歩かせる。結局、自分の養生は自分で見つけるしかない。私は長らく偏頭痛で悩んできた。しかし、天気図で高気圧から低気圧に移るとき偏頭痛が起きることを発見し、予防の工夫をした。この時期にストレスを低下させれば、乗り越えられる。低気圧は人間の体力を低下させる。低気圧のとき手術しない病院もあるくらいだ。私の場合、偏頭痛には予兆がある。つばに粘りが出て、上まぶたが下がる。こうした兆候があらわれれば対応する。こうした努力、研究により偏頭痛は一切起きなくなった。克服できた。

|

« チーズは奈良時代からあった! | Main | <きれいなかった>は きれいでない? »