« 岡山の白桃 | Main | 岡山の桃はなぜ白い? »

07/28/2012

NHK地下に眠る<幻の石組み遺構>を見た

7月28日は「なにわの日」です。「難波宮フェスタ! 2012」に出かけてきました。難波宮発掘の山根徳太郎博士の命日7/28を祈念し、毎年行われているイベントです。

私の狙いは、毎年この日しか公開されない「NHK地下の遺構」を見ること。NHK大阪の地下に、難波宮の石組み遺構があることを知っている人は少ないでしょうし、地下にもぐって目撃した人はほとんどいないはず。というのも厳重に施錠され、入り口になんの表示もありませんから。
NHK大阪と大阪歴史博物館は、難波宮遺跡の一部です。博物館の地下にも遺跡があり、1階の床から内部が見え、見学ツアーも毎日開かれています。しかし、NHK地下の方は通常オープンにされておらず、いわば「幻の遺構」。きょうはその実物を目撃できる貴重な日だったわけです。

この遺構は、「大化の改新」を受け、都が難波宮に移ってきた約1,350年前に造られた水利施設です。写真は湧き水を北西方向に流す石組み水路、上を巨石が覆っています。

0728nhk

|

« 岡山の白桃 | Main | 岡山の桃はなぜ白い? »