« 包丁テクニック 感動編」(4) | Main | 黒塗りしても字が読める »

07/18/2012

料理 梅ジャム

青梅の蜂蜜ジュース(蜂蜜シロップ漬け)が出来上がったので、梅を取り出し、梅ジャムを作りました。昨年、蜂蜜の中に長期間入れて梅の果肉が硬くなり、種からはがしにくかったため、今年はやや早めに取り出しました。エキスがかなり出た後ですが、大変おいしいジャムができました。
(材料)青梅の蜂蜜ジュースの残留物 1kg
    砂糖 400g(果肉の40~50%)
(作り方)

1) 梅の実を取り出します。液体(ジュース)の方は水で4~5倍に薄めて飲みます。
2) 梅の実を包丁でこそげ取るようにして種から外し、計量します。今回は青梅仕込み重量2kgから1kgの果肉が得られました。
3) 果肉重量の40~50%を目安に砂糖の量を決めます。今回は40%の400gとしました。
4) 去年は包丁で刻んだのですが、今年はなめらかなジャムにするため、ミキサーにかけました。(刃が酸により腐食するのを防ぐため、ミキサー使用後はすぐにしっかり洗浄します)。
5) 酸に強いステンレスやホーロー製の鍋に入れ、ひたひたの水を加え、焦がさないようにへらでよく混ぜながら弱火で煮ます。
6) 浮いてきたアクを取り除きます。
7) 砂糖を加えます。
8) 絶えずかき混ぜながらペースト状になるまで煮詰めます。(20~30分)
9) 煮沸消毒した保存容器に、できたばかりの熱いジャムを詰めます。
10) ふたを閉めて容器を逆さにして冷やします。ふたにも熱いジャムをつけ殺菌効果を高めるためです。
11) 冷蔵庫に入れて保存します。

0718


|

« 包丁テクニック 感動編」(4) | Main | 黒塗りしても字が読める »