« 珍しいおわび | Main | 恐ろしい人気者 »

07/25/2012

パソコン通信仲間との集い

阪神大震災の年、Nifty-serveのパソコン通信に参加し、本来まったく縁のなかった多くの知り合いができました。今回、久しぶりに当時のメンバーのうち5人が集まって懐かしく歓談しました。

場所は、5月に神戸元町から大阪・淀屋橋に引っ越してきた本格派のイタリアンレストラン「DA GIUNGINO ISOLABELLA-KOBE」。覚えにくいお店、と思って由来を聞くと「ジュンジーノ」はオーナー 八島淳次氏の名前から、「イゾラベッラ」はイタリア語で
美しい島、「神戸」は神戸元町でひいきにしていただいていたお客様にもわかっていただけるように、との意味が込められています。なるほど・・・。神戸時代には、集い当日ヤンキースに移籍したイチローや桑田、落語家の方等もよく通っていたようです。

呼びかけ人のさんらく亭さんは、80歳にして健康診断でひとつも異常がみつからないという信じられないほどのお元気。今年就職されたお孫さんの15年後の立派な成長を確認しなくては、と意気軒昂でした。私のfacebookの記事を見て出かけようと思ったら終了していたのがあった、とのご指摘がありましたので、今後は余裕を見て早めにupします。

手間隙かけた絶品料理が次々でてきましたが、せっかく説明していただいたのに頭にしっかり入っていませんので、専門家が取材して執筆した「あまから手帳」7月号の記事をご覧ください。
パスタやパンは自家製です。パンは7種類。無塩バター、トスカーナ地方のオリーブ油、ピエモンテ西南のオリーブ油からお好みなものを付けて食べてください。とのことでしたが、私の舌でオリーブ油の違いまではねえ・・・

0725

|

« 珍しいおわび | Main | 恐ろしい人気者 »