« 生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 3 | Main | 生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 4 »

07/05/2012

プレミアムシアター 舞台・陽だまりの樹 2

続いて共演者について。
NHK朝ドラ「さくら」のヒロインとしてデビュー以来、私が好きな高野志穂さんについては・・・
(吉川)志穂ちゃんはすてき、とっても。
(上川)彼女は天然ですよ。予想の斜め45度くらい常に出力がある(←どういう意味?)。芝居ではとてもおしとやかな日本女性を演じてますが、ふだんは予測のつかない女性。
(吉川)カラッとしている。

大阪の舞台について二人とも「大阪公演ならではの劇場空間がある」と語っています。
(吉川)大阪のお客さんは独特、新歌舞伎座のお客さんはあったかい。芝居慣れしているなあと思って。
(上川)舞台の距離感は、東京より大阪が間違いなく近い。

(吉川)2階にも上がってみたが、客にやさしい造りになっている。
(上川)劇場もそうだし、お客さんの精神的距離感、より楽しもうとする世界と寄り添ってご覧になっている気がする。花道があって、演出も変わった。
(吉川)初めて花道を走って気持ちよかった。感慨深かった。

|

« 生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 3 | Main | 生きる in 大阪 新井満 いのちの交響楽 4 »