« 選ばれた少数意見 | Main | プロバイダー変更 »

08/22/2012

エアコン設定28℃は法律違反になりかねない

節電キャンペーン中ですが、あまり知られていないのが「労働安全衛生法」の「事務所衛生基準規則」。昨年、調べたのでよく覚えていますが、「事業者は室温を17度以上、28度以下になるように努めなければならない」と明記されています。28℃は熱中症を防ぐ上限温度だからです。ただし、守らなくても罰則はありません。
昨年、室内の位置別温度を測定したところ、エアコン設定28℃でも、場所によって30℃以上のことろもありました。「エアコン設定28℃」では、法律違反になるケースもあるわけです。ましてや29℃以上の設定は明確な違反・・・。ところが今年5月、厚生労働省は「節電期間中は29℃にまであげても致し方ない」との見解をまとめて通達しました。当然ながら企業から「法律違反では?」との問い合わせが殺到。結局、同省も違反と認めたうえで「まずは28℃とするよう努める。29℃に引き上げる場合、熱中症予防策を講じる」と通知しなおしたそうです。

|

« 選ばれた少数意見 | Main | プロバイダー変更 »