« July 2012 | Main | September 2012 »

08/31/2012

バナナの熟れ頃

バナナを時々買ってきます。「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」テキスト8月号に、バナナの熟成について書いてありました。

・バナナ、パイナップル、マンゴー、キウイ、パパイア、メロンなどはまだ若いうちに摘まれて運ばれ、小売店に並びます。このとき、まだ熟成が進行中。熟成の適温は15~25℃。
・バナナの付け根と先の部分に青みが残っているのは、「ただいま熟成中」の証拠。冷蔵庫に入れると熟成が止まり、甘みもうまみもでません。
・室温にしばらく置き、バナナの皮の青みがなくなり、茶褐色の斑点に覆われるようになったら完熟。斑点が出かかった完熟直前がフレッシュ感と香り、ほのかな酸味が味わえるグッドタイミングです。皮をむいてラップで包み、冷蔵庫にも保存できます。

私は完熟直前で皮をむいてラップに包み、冷凍しています。冷凍バナナのあのアイスのような触感が好きです。長期保存もできますし。

そういえば、朝ドラ「ゲゲゲの女房」で、水木しげる先生が南方戦線での経験から「バナナは腐る直前が一番おいしい」と、果物屋から変色したバナナを安く買ってくるシーンがありました。

もうひとつ。最近、I 先生が「バナナの皮の内側で歯を磨けば真っ白な歯になる」という記事を紹介されていましたが、本当? 確かめてみる価値はありそう。

|

08/30/2012

自炊法のテクニック

NHKの「めざせ! 会社の星」(名古屋局制作)で、「自炊法」を取り上げるとの予告があったのですが・・・最近話題の「本をバラバラにしてスキャンし、電子ブックを作る自炊法」でなく、本来の意味の「料理の自炊法」でした。

テーマは、「超簡単、忙しいあなたでもできる魔法の自炊法5」。

「時短」---おいしいカレーを野菜ジュースとケチャップ、カレールー(粉)だけ、所要時間わずか2分6秒で作る魔法のような方法を紹介していました。今度試してみよう。
「めんつゆでおいしい手抜き料理」---煮物の味付けは、しょうゆやみりん等複数の調味料が入っているめんつゆにおまかせ。かぼちゃの煮物はかぼちゃと水にめんつゆをかけて鍋で煮るだけ。豚の生姜焼きは、肉にめんつゆとすりおろしたショウガをかけてフライパンで焼くだけ。
めんつゆは製氷皿に入れて冷凍し、細かいブロックにしておくと必要個数だけ鍋に放り込めばいいので便利。
といった内容でした。

|

08/29/2012

アメリカの人口は円周率

8/14にアメリカの人口が、3億1415万9265人になりました。「産医師異国に向こう」、すなわち「円周率」の数字と同じ並びです。米国勢調査局が有頂天になって喜んでいるそうです。あまり関係ないと思いますが・・・。アメリカの人口が覚えやすくなったということくらいですか、直接メリットは。

そういえば、日本の人口が1~9までの数字が並んだ「1億2345万6789人」になったのは何年前でしたっけ。現在は当時より少し増えているとはいえ、まもなく急減していきます。一方、アメリカは現在でも「8秒ごとに1人誕生、14秒ごとに1人死亡、46秒ごとに移民」と増加中。中国は、一時アメリカを追い越す経済力を誇る時期が訪れますが、その後、一人っ子政策の影響で人口が急激に減り、再びアメリカに追い抜かれるという予測がでています。

|

別腹はあった

TBS系8/28「教科書にのせたい」がおもしろい実験をしていました。

別腹とは、お腹いっぱいの状態でも好きな食べ物は食べられることを意味する言葉ですね 。ほんとうかどうか、レントゲンで透視して観察しようじゃないか、というわけです。

まず、被験者のタレントに、2番目に大好きという、お寿司を腹いっぱい食べてもらい、その状態の胃をレントゲンで撮影します。胃はお寿司で埋め尽くされています。 このレントゲンを撮影したまま目の前に1番好きな、フィレステーキを見せると・・・。
なんと、ステーキを見た直後から、胃の上部に空間が出来はじめました! これが別腹の正体です!!
満腹かそうではないかを判断するのは、胃ではなく脳。そのため、胃がいっぱいでも、好物を見た瞬間、脳は食べたいという指令を出します。指令を受けた胃は活発化し、どんどん食べ物を腸へと送り出しますので、好物を食べるための空間、いわゆる別腹を作り出すのだそうです。

実際に、胃の上部にどんどん空間ができてくる映像が、おもしろかったですね。人は、本質的に食いしんぼにできてるようです。

|

08/28/2012

側撃雷の怖さ

NHK「あさイチ」で落雷を取り上げていました。先日、大阪・長居公園で女性が2人亡くなりました。私もときどき行く場所ですし、10mほど南、すぐそばの長居公園通は一週間に何度も車で通過します。大木があるわけでも、だだっぴろい広場に1本だけの木というわけでもありません。低い木がたくさんある公園の一画、こんなところで?というのが正直な印象です。
番組で紹介していたのは聞きなれない「側撃雷(そくげきらい)」。木に落ちた雷の電気は、根元だけでなく、途中から枝分かれして近くにいる電気を通しやすい人間に飛んでいきます。人形を使って、木に落ちた稲妻がその瞬間、人形に飛ぶ実験を行っていました。街中の電柱や軒先の雨宿りも側撃雷を受ける危険性があります。

雷から身を守る方法として、
1)丈夫な建物の中、車の中に避難する。軒先は安心できない。車の窓から手を出して車体に触れるのも厳禁。
2)木からは木の高さ分だけ離れる。ただし、離れすぎて周りに何もなくなると直撃を受ける。林のように木が密集していると、高さ分の距離離れることができないため危険。どうしようもないときは、木と木の間に体を小さくして地面との接触面積を小さく(つま先で接地)してじっとする。伏せてはいけない。雷の切れ目に逃げ出す。
3)身に着けている金属類はほとんど関係ない。外すよりも逃げる。
4)プールや海の中は危険。早く水から出る。
5)テントの中も危険。

|

あべのハルカス、日本一の高さに

横浜ランドマークタワーを超えたそうです。8/30に計画高さ300mに到達します。

|

ファンを増やすには

8/27付読売新聞「今日のノート」に面白い記事が載っていました。
「大阪市立くらしの今昔館」は、江戸・天保年間の大坂の町屋を忠実に再現し、商家や庶民の暮らしを体験できる珍しい博物館です。初めて行くと、和服姿の入館者が多いことに驚きます。若い女性や子供が、喜々として和服で歩き回っています。外人の和服姿も目につきます。「ええ?」
いま、この少々地味な博物館が国際的観光スポットとして、海外でも大人気になっているそうです。そのきっかけは、「和服着付けの無料サービス/江戸時代の町でキモノを着よう」。これが海外の若者たちに評判となり、ネットで次々紹介される事態に。この夏休み、多い日には200人を超える韓国、台湾客が訪れたそうです。
同館は、お茶席や寄席等のユニークな企画を毎月開催しています。私も何回か、ここで紹介しました。

最近、大阪の博物館や美術館等によくでかけますが、特徴を生かして魅力を高めようと必死になっているところが多いですね。
読売記事の中で記者はこう書いています。
「知恵を絞り、愛情を注ぎこめば、コストゼロでも、お客さんに来てもらえる」。

|

08/27/2012

パソコン、windows立ち上がらず

使えないと困るので電気屋へ。余計な出費ですが仕方ありません。パソコンは消耗品ですね。ハードの劣化だけでなく、OSも次々変わるし。
ハードディスクは大丈夫みたいですので、バックアップしてなかった必要データの救出を考えなくては・・・
いままで慣れていたソフトの中には使えないものもあるでしょうから、それも困ったものです。

|

料理 ジャガバタ

レシピというほどのものではありませんが・・・
(材料)ジャガイモ 1個、バター 少々(好みに応じて、サワークリーム、マヨネーズ等も)
(作り方)
1.ジャガイモをよく洗い、皮付きのままラップにくるんで電子レンジ500Wで7分程度加熱します。(串が通る程度の柔らかさまで)
2.レンジから取り出し、切れ目を入れてバター等をつけて食べます。

0827


|

08/25/2012

新興国の電力事情

新興国の電力事情についてまとめた記事が出ていました(8/13付産経)。「たかが電気」とはいえない深刻な事態が各国で起きています。

(エジプト)カイロで8/9広範囲の停電が発生。気温40℃以上で数時間も停電し、使えなくなった食料、医薬品も。地下鉄が1時間以上も運転停止。乗客は線路を歩いて移動した。

(インド)7/30,31に大規模停電発生。6億人に影響が出た。31日には炭鉱のエレベーターが停止、作業員が地下に閉じ込められた。過去10年間で発電能力を40%引き上げたが、追いついていない。

(韓国)原発の運転停止により、8/6電力供給の余力が4%を下回り、節電を呼びかけて事なきを得た。昨年9月の大停電再来を防ぐため、原発再稼動を決定した。

(中国)慢性的電力不足が続き、電力供給倍増の必要性を共産党機関紙が強調。「火力発電は石炭、原油の確保が制約となるため、中国が進む成長への道は狭まっている」(←原発20基増強計画必須の主張?)

|

知研関西セミナー 緊急地震速報と防災対策

8/24のセミナーに参加しました。講師は、㈱ニシハタシステム代表取締役 西畑恭二氏。同社は、「地震の揺れが来る前に、地震を知らせるとともに、すばやく確実に社員へ安否確認メールを一斉配信するシステム」を開発し、全国シェアトップです。従業員は10人。

同装置は、気象庁の緊急地震速報だけでなく、緊急地震速報受信機に内蔵された地震計からも情報を検知します。講演会場に装置を持ち込み、実演も交えた講演でした。

おもしろかったのは、「なぜ小さな会社でこんなことができるのか?」、「なぜ和歌山の小さな会社が数多くの一部上場会社と取引できるのか?」、「なぜ大手メーカーが協賛してくれるのか?」、「なぜ緊急地震速報導入全国1位なのか?」といった、ビジネスを成功に導く貴重なノウハウを実体験に基づいてお話いただいたことです。
例えば、「新聞やテレビ等の媒体で紹介してもらうことにより、自分で営業しなくても信用がつく」、「コミュニケーションの基本=<自分が言ったことは重要ではなく、自分が言ったことから相手が何を感じるかが重要>」、「考えてから行動する」。

相手から断り文句を言われない提案営業の実例も興味深いものでした。この方法なら提案先10件のうち、8件は受注できるそうです。

|

書留だったのか、普通だったのか?

韓国にあてた野田総理大臣の親書が送り返された件、「書留で送り返す」と韓国が発表し、24日午前に届きました。翌25日付の朝日「天声人語」も「書留郵便で戻ってきた」、25日付日経も「書留郵便で返送した」。テレビのワイドショーも「書留で届いた」と言っていました。

「変だなあ」と思ったのは、前日の産経夕刊1面の記事<首相親書 韓国側、普通郵便で返送 政府「送り返さず」>を読んでいたから。同記事は、「玄場光一郎外相は24日午前の記者会見で、野田佳彦首相による李明博大統領宛ての親書を韓国側が郵便で日本政府に送り返したことについて、(略)。親書は同日午前、「返送する」との文書が添えられ、配達の過程などが記録される書留ではなく、普通郵便で外務省に届いた」と書いていたのです。
わざわざそれ以前の報道「書留」を修正する記事を掲載した産経が正しいなら、他のメディアは刷り込まれた情報をそのまま書いたり、言ったことになりますが・・・。
「書留郵便」だったのか、「普通郵便」だったのか?

|

08/24/2012

料理 ひやしあめ

@niftyの夕刊ガゼット通信にひやしあめの作り方が載っていたので早速実行。ショウガによる血行促進で冷房による冷えを防止できます。

(材料)麦芽水飴80g、水500cc、ショウガ粉末 適量(ショウガをすりおろして使っても可。冬に買った金時ショウガの粉末があったのでそれを使いました)

(作り方)
1).麦芽水飴と水、ショウガ粉末をを鍋に入れ、火にかけて溶かします。煮立たせないように。
2).火を止め、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

ちょっと甘みが足りない方は、水あめを増やしてください。

0824


|

08/23/2012

フランスの香りに魅せられて

大阪府立弥生文化博物館は、エントランスホールで月に2回程度コンサートを開いています。料金は入館料¥600のみ。先日博物館に出かけたとき、翌日のコンサートに備えて一生懸命リハーサル中の演奏者を見かけました。今度はコンサートの日にと思ってHPで確認のうえ、8/19(日)に再度訪問。

当日のテーマは「フランスの香りに魅せられて ジョイント×ジョイントコンサート」。フランスに関係のあるサン-サーンス、フォーレ、ドビュッシー、シャブリエ、ショパン(生ま
れはポーランドですが、後半生はフランス)の曲を、ホルンデュオ、ピアノソロ、ピアノ連弾で演奏していました。演奏は若い女性音楽家3名。ホルンが主役の一角を占めるコンサートは比較的珍しいのでは・・・。
「真鍮でできています。くるくる巻きの部分を伸ばすと、3.6m、低い音がでます」などと演奏者が解説していました。
ピアノの連弾も、今年の弥生博物館コンサートでは初めてだったそうです。アンコールは、ホルンとピアノ連弾による、ドビュッシーやラヴェルに影響を与えたというサティが作曲した曲・・・「ジュ・トゥ・ヴ(お前が欲しい)」。

エントランスホールに130ほどの椅子を並べた音楽ホールになっていました。超満員です。堅苦しいコンサートではありませんので、若い夫婦が小さな子供を連れてきていますし、年配の方も多く、すっかり庶民のコンサートとして根付いているようです。
博物館も魅力を高め、より多くの人を集めようといろいろ知恵を絞っていますね。

0823

|

08/22/2012

プロバイダー変更

今までインターネット(ADSL 30M)・固定電話・携帯電話はKDDI、テレビ(ケーブルテレビ、地デジ)はJ-COMと別々に契約していたのですが、両者提携に伴う新プランに乗り換えることにしました。この地域の対象9000軒を順次切り替えるようですし。
面倒くさいのでプロバイダー変更はできるだけ避けてきたのですが、初年度合計料金が今までより2万円安くなり、他にもメリットがありそうですので・・・。
地デジ化のときケチって従来料金と同等プランを選択したものですから、ケーブルで見られる局が少なかったのですが15局くらい増えます。SD画質がハイビジョン画質に向上します。
固定電話はIP電話に変わり、地デジテレビの双方向通信ができないなど多少制約もあるようですが、最近は固定電話自体あまり使わないし。
インターネットはADSLからケーブルテレビの光方式に変わります。
明日、あさって工事です。

|

エアコン設定28℃は法律違反になりかねない

節電キャンペーン中ですが、あまり知られていないのが「労働安全衛生法」の「事務所衛生基準規則」。昨年、調べたのでよく覚えていますが、「事業者は室温を17度以上、28度以下になるように努めなければならない」と明記されています。28℃は熱中症を防ぐ上限温度だからです。ただし、守らなくても罰則はありません。
昨年、室内の位置別温度を測定したところ、エアコン設定28℃でも、場所によって30℃以上のことろもありました。「エアコン設定28℃」では、法律違反になるケースもあるわけです。ましてや29℃以上の設定は明確な違反・・・。ところが今年5月、厚生労働省は「節電期間中は29℃にまであげても致し方ない」との見解をまとめて通達しました。当然ながら企業から「法律違反では?」との問い合わせが殺到。結局、同省も違反と認めたうえで「まずは28℃とするよう努める。29℃に引き上げる場合、熱中症予防策を講じる」と通知しなおしたそうです。

|

08/21/2012

選ばれた少数意見

読売新聞8/18夕刊「とれんど」から。何事も広く意見を募ることは大切ですが、もっとも多かった意見をそのまま採用するのが良いとは限りない、という内容です。

東京スカイツリーの名称募集に応募したのは1万8606件ですが、そのうち「スカイツリー」はたったの数件。トップは「大江戸タワー」の492件、以下「新東京タワー」「さくらタワー」等。選者の作詞家阿木燿子さんの熱い推薦の弁で「スカイツリー」に決定したそうです。

「東京タワー」のときも同じようなことが。8万6260件の大半は「~塔」。「昭和塔」「日本塔」「平和塔」など。「東京タワー」は少数でしたが、徳川夢声さんの「東京タワーをおいてほかにありませんな」で決まり。
筆者の論説委員が書いています。「民意を広く聞きつつ生かすのは、とても難しい」

|

08/20/2012

桂米朝展(4)司馬遼太郎さんからの手紙

司馬さんから米朝さんへの手紙も展示されていました。例えば、
<アール・ヌーボーのような型を描くと上手下手がわかりませんが、やはり美人画は上村松園女史がずば抜けたものですね>
<大阪は東京とちがい、化粧品、薬、灘の酒があったので明治??代に朝日新聞が興りえたのだと私は考えています。じかに購買者を相手にする企業ですから、広告を必要とするのです>

|

白い! 虹

8/19のNHKスペシャルが尾瀬を取り上げていました。標高1400m、1年の半分以上が雪に閉ざされる尾瀬。気温10℃以下になった夏の早朝、霧の中から幻想的な光景が一瞬あらわれます。白い虹です。霧の粒子が細かいため、虹色にならず白く見えます。カメラはその瞬間を見事に捉えていました。
春先には、解けゆく雪が数日だけ赤く染まるアカシボという現象が起きます。正体は酸化鉄。冬、雪で覆われた下には水がたまっています。その中で生きる生物の糧となっているのがアカシボ。つい最近の遺伝子解析でわかったそうです。

不思議な自然現象を解き明かす最新研究を取り上げた番組でした。

昔、学生時代に仙台から国鉄の季節急行「尾瀬号」に乗って、山小屋に1泊し尾瀬を歩いたことを思い出します。水芭蕉がきれいでした。燧ケ岳の上では暴風雨にあって大変でした。1週間後、私と同じ大学の学生が燧ケ岳で落雷にあって死亡したニュースにはぞっとしたものです。

|

穂落とし神の足跡

0820


大阪府立弥生文化博物館で、弥生時代の農耕具を全国の遺跡から集めた特別展が行われています。(8/14~10/14)

地味な企画ですが、けっこう入館者が多かったですね。夏休みの自由研究を兼ねているのでしょうか、こどもの団体も来ていました。博物館もエントランスホールでコンサートを開き、集客に努力していました。コンサート終了後、展示室に移動した方も多かったようです。
<弥生文化を象徴する「農耕」-。弥生時代のはじまりにともなって九州北部にもたらされたその技術は、地域ごとにことなる様相を示しながら日本列島にひろまりました。弥生人が大地にクワを振り下ろすその情景、現在まで脈みゃくと続くその技術が、どのように変化し、我われの文化に根付いていったのかを探ります>。(HPから)

|

08/19/2012

料理 しゃりしゃりシャーベットのさわやかスイーツ

基本は、牛乳とカルピスを使ったシャーベットです。道具は使いません。今回は、さらに缶詰のマンゴー、梅ジャム、サワークリーム、カスピ海ヨーグルトを加えました。
冷たくて、とてもおいしい夏向きスイーツです。甘さ、酸味のほどよいバランスとしゃりしゃり感いっぱいのさわやかさがなんともいえません。フリーザーパックに入れて常備し、いつでも取り出して味わうことができます。

(材料)
牛乳 100cc、ぶどうカルピス(オレンジ、パイン等も
可)50cc、梅ジャム 大匙 1、サワークリーム 50g、カスピ海ヨーグルト 50cc、マンゴー1片(缶詰)

(作り方)
材料をフリーザーパッグ(冷凍保存袋、旭化成のジップロック等)に入れて、指でよくもみ、均一混合させた状態で冷凍庫に入れて凍らせます。
冷凍庫から出し、袋の周囲から指で押して形を崩し、容器に入れて食べます。カチカチになっていても冷蔵庫から出して少しおけば、手で割れるようになります。冷凍するとき、薄く平らな状態にしておくと効率的です。

写真は、盛り付け時にマンゴーで作った寒天を乗せています。

0819


|

08/18/2012

唐突とは・・・

同じ言葉でも国が違うとニュアンスが違うという例。

黒田勝弘氏がかつて「金泳三大統領の唐突な反日政策・・・」と記事に書いたところ、韓国当局から呼びつけられ、「国家元首に唐突とは何だ! 失礼ではないか!」と抗議されたそうです。日本語の「唐突」は「突然、急に、出し抜けに」という意味だけですが、韓国の「唐突」には、「身のほど知らず、小生意気」といった意味があります。黒田氏は抗議を突っぱねて返ってきました。

今回、日本のメディアは、李明博大統領の竹島上陸について「唐突」と報道していますが、韓国は「けしからん」と非難しているそうです。(産経8/18付)

|

ハモの骨切りに CTスキャン

「週刊誌ウオッチング」(花田紀凱)が「ニューズウィーク日本版」8・15/22夏季合併号の大特集「世界を極めた日本人」を紹介しています。例えば、夏の食材ハモの新しい調理法を開発した六本木の日本料理店のシェフ。

<ハモの骨の構造をCTスキャンで解析。小さい骨を細かく分断する骨切りの作業をまな板を25度ずつ傾けて行うことで、骨を垂直に切って滑らかな食感を出すことに成功した>

ユニークな人ばかり集めた、おもしろい企画です。(8/18付産経)

|

大阪は激しい雷雨です

14時前からピカピカゴロゴロすさまじい音響と光に縮み上がりました。まもなく大雨も加わって気持ちが悪いほど。
甲子園の高校野球も、14時半過ぎから中断しているようですね。
午後から出かけようと思っていたのですが、ちょっと無理みたいです。

|

08/17/2012

宮部みゆきさんの <小暮写眞館>

「宮部ワールド」が新たな境地を切り拓きました。この作品は、おなじみの「殺人をテーマにしたミステリー」ではありません。高校生が主人公の青春小説です。赤川次郎や東川篤哉を思わせる軽いノリを適当に織り混ぜながらも、さすが宮部さん、人間関係の複雑かつ微妙な部分をスパイスに、奥の深い作品に仕上げています。

1年半かけて書き下ろした2010年5月発行のハードカバー、720ページ、厚さ4cm。一見何の関係もなさそうな表紙の写真「菜の花畑とディーゼルカー、小さな駅」のなぞは、最後まで読むと解けます。第1話から第4話までありますが、それらがうまくつながりながら、読者をひきつけていきます。

2010年7月20日付朝日新聞に、「小暮写眞館」の紹介記事が掲載されています。
<社会派推理小説を書いてきた宮部みゆきさん(49)が、青春小説に挑んだ。「小暮写眞館」(講談社)は、現代を舞台にした小説では「初のノンミステリー」という。いわく「何も起きない小説」。これまで透徹した筆致で多くの殺人事件を描き、登場人物を不幸にしてきた。「2週目の出発点の作品」は、彼らを救う物語でもある。・・・「書いてつらくなるような事件は、もう書きたくないという気持ちが、正直、出てきてしまいました」>

<かつての社会派推理小説のように、伏線が絶え間なく連鎖するスリリングな展開にはならない。花ちゃんと友だちの会話など、「本筋とは関係ない無駄話をたらたらと書いているんです」。感情が盛り上がるような場面も、あえて筆を抑制した。「ゆるさを大切にしたかった」からだ。そんな気持ちの根は、『模倣犯』にある。「たくさん人を不幸にしたので……。あと引っ張っちゃったんですね」>

0817

|

08/16/2012

大阪ベストアート展(3) 池田遙邨「雪の大阪

投票で大阪府&市所有の美術作品の中から展示作品を決める「ベストアート展」、19位は池田遙邨「雪の大阪」。私もリクエストしました。1928年(昭和3)の作品です。

Photo_2


昭和初期、大阪は工業都市、煙で薄汚れた街でした。そこに何十年ぶりかの大雪が降り、真っ白になりました。「黒い煤煙都市」大阪を真っ白に描いて、当時の人々をびっくりさせたのがこの作品です。

難波橋から現在の中之島バラ園、天神橋方面を描いています。難波橋は当時すでに建設されていたのですね。中央部から下におりる階段も現在と同じです。遠くに大阪城の石垣が見えます。なぜ石垣だけか? 当時、天守閣はなかったのです。天守閣が再建されたのは3年後の昭和6年ですから。古い絵をよく見ると、いろいろ発見があります。

|

ハローキティアート展(3) ご当地キティ

会場にはご当地キティの小型版が地方別にずらりと展示されていました。ご当地キティ第1号は北海道の「ラベンダーキティ」1998年だそうです。そういえば昔、家族で北海道に行ったとき、娘がラベンダーキティのぬいぐるみを買ってきました。

|

08/15/2012

梅田の歩道橋は日本初?

7/31付産経「昭和おおさか写真館」に、「インターネットや一部書籍に、<日本初の歩道橋である梅田新歩道橋の完成にちなんで4月25日が歩道橋の日となった>とある。でも実際には昭和34年6月にできた愛知県の歩道橋が日本初。さらに梅田新歩道橋の完成は39年10月なので歩道橋の日とはまったく関係ない」「JR大阪駅桜橋口前と旧大阪中央郵便局前、新阪神ビル(現在のはービスENT)前を結んだ梅田歩道橋があった。完成は昭和38年4月25日。歩道橋の日はこれにちなんだものだろう」「梅田歩道橋はすでに撤去されているため、梅田新歩道橋と混同されている」。

梅田歩道橋は大和ハウスが「鋼管を用いた陸橋を交通量の多い桜橋口に建設し、寄贈したい」と提案し、川鉄が鋼材を寄付したそうです。梅田新歩道橋は、松下電器が寄贈しています。

7/31付紙面には、渡り初めをする曽根崎小学校の児童の写真が載っていましたが、8/14付に続報が・・・発売されたばかりの写真集「昭和の大阪 昭和20~50年」(産経報道カメラマンが撮影、光村推古書院)にも渡り初め式の写真が載っていたそうです。確かに橋にかかった横断幕に「大和ハウス」「川崎製鉄」の文字が見えます。

|

大阪ベストアート展(2) 福田平八郎 漣

投票で大阪府&市所有の美術作品の中から展示作品を決める「ベストアート展」、10位の福田平八郎「漣(さざなみ)」は、私もリクエストした作品(昭和7年)です。初めてこの絵の写真を見たのは今年5月、それからしばらくたってプールの水面を眺めていたとき、この絵とまったく同じ漣を目撃しました。手前の波は粗く、遠方に行くほど密になっています。漣があの絵のように見えることもあるんだと感激しました。

Photo


今回、この作品を皆さんが選んだ理由としてあげていたのは、
今見ても斬新、これが昭和初めの作品とは思えない。(50代男性)
この作品から受けた衝撃を、今も忘れません。抽象的なまでに単純化していながら、本質を貫いている。美術の力をまざまざと感じます。(30代女性)
技法は単純。だけど長い時間、対象を見つめた者にしか見いだせない奥深さ。いつもそれに感動します。(20代女性)
絵になりそうにない、かたちのない、しかし、それを絵にした平八郎にただ感服。(30代男性)

この絵は今年、山種美術館の【特別展】「生誕120年 福田平八郎と日本画モダン」に貸し出され、評判になったようです。全面銀地の上に、群青一色で漣だけを描くという大胆極まりない発想で描かれたこの絵の制作過程は、先日NHK「日曜美術館」でも紹介されたようです。残念ながら見逃しました。

|

停電時に電話は使える?

以前、計画停電時の対応をまとめたとき、家庭の電話(最近は大半がファクス兼用電話)が使えなくなるのでは?と書きました。8/14付産経朝刊「停電と電話について」の要点は次のとおり。

1)停電すると、家庭電話の多くが使用不能になります。電源が必要なインターネットの光回線などを使ったIP電話も、ファクス兼用電話も停電中は使用できないため。
2)携帯電話は停電でも使えるはずですが、建物や地下に設置された小型基地局の中には蓄電池や自家発電装置などの対策が施されていないものがあります。内臓バッテリーが切れると通話できません。
3)救急、消防、警察の緊急通話にも支障が生じます。
4)公衆電話が使えるとは限りません。液晶モニターがついた緑色か灰色のデジタル式は内臓バッテリーが切れると使用できなくなります。アナログ式は大丈夫。

「停電中に、通信機器が絶対安全と信じこまないこと!」

|

08/14/2012

ハローキティアート展(2) コラボレーショングッズ

ハローキティ美術館とともに興味深かったのが、「コラボレーショングッズ」。今まで知らなかったものがたくさんありました。

最初に目に入ったのがヤマハのスクーター。次いで、友禅染の着物・帯・友禅の着物を着たキティのぬいぐるみ。さすがに着物はいちごでなく、伝統的なボタン柄ですが、さりげなく上品なキティの顔がデザインされています。「キティちゃんはどこに隠れているのかな」と探すのもたのしくなります。張子の虎が多数描かれた風呂敷を見て、「え? キティがいないよ」と一生懸命観察すると、なんと虎がひとつだけキティに置き換わっていました。舞妓さんとキティが、スキーをしている風呂敷も。キティが描かれた高級そうな津軽三味線やシャンパン、リヤドロの磁器人形、ウオーターマンのボールペン、そしてスワロフスキーのピアス、チャーム、クリスタル、ペンダントなど大人向きハイグレード品もいろいろ・・・

キティちゃんが、世界中の幼児から大人まで幅広く愛されていることがよくわかります。

大丸各階でコラボレーショングッズを売っていました。人気ファッションブランドとのコラボ、アクセサリー、スイーツ・・・。中には「ペコちゃんとのコラボ」なんてのも。

|

宮城にはバカにつける薬がある

「秘密のケンミンSHOW」(再放送)を見ていたら、宮城にはバカにつける薬がある、と言っていました。

学生時代6年間を仙台で過ごしましたが、当時、そんな話は聞いたことがありません。時代も進歩したものと感心していたら、東北大方言研究センターの教授が出てきて「宮城では<ものもらい>のことを昔から<バカ>という。江戸時代の仙台方言集にも載っています」。しかし・・・私は聞いたことがありません。仙台時代、自分の周りにものもらいにかかった人がいなかったため、聞き逃したのかもしれません。

|

08/13/2012

大阪ベストアート展 投票結果発表

大阪府市が所有する絵画から投票により選んだ50点を展示する「ベストアート展」、投票結果が発表されました。
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu120/artrip/

TOP10は次のとおり。
1位:佐伯祐三「郵便配達夫」(先日の佐伯祐三展に展示されていました)

2位:モディリアニー「髪をほどいた横たわる裸婦」
3位:佐伯祐三「レストラン オテル・デュ・マルシェ」(先日の佐伯祐三展に展示されていました)
4位:ボーシャン
5位:小磯良平「コスチューム」
6位:上村松松園「汐汲み」(桂米朝展で司馬遼太郎さんからの手紙に「やはり美人画は上村松園女史がずば抜けたものですね」と書いてありました)
7位:森村泰昌
8位:ユトリロ「グロスレイの教会」
9位:ローランサン「プリンセス達」
10位:福田平八郎「漣」(私がリクエストした作品のひとつ)

19位の池田遙邨「雪の大阪」も、私がリクエストした作品です。

|

ハローキティアート展(1)ハローキティ美術館

大丸梅田で開催中のハローキティアート展を見てきました。
http://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/kitty_art.html

主催はNHKサービスセンター、サンリオさんの特別協力です。私が興味深かったのは、「ハローキティ美術館」と「コラボレーショングッズ」。

「ハローキティ美術館」は3代目デザイナー山口裕子さんの「アートになったキティ!」、オリジナルの油絵とオブジェが展示されています。山口さんの30年間ものキティへの想いが詰まった作品がいっぱい。初公開だそうですよ。
<100年後にも色あせない油絵のキティを残したい>
<究極的なかわいらしさをもっているいちごをテーマにした>

美術館に入ると、正面は「いちごに囲まれて」、1621×1146の大きな額入り作品です。展示会のHPに載っていますのでぜひ写真をご覧ください。
「いちごのピンクリボン」「同水色リボン」「いちごの香り」はちょっと変わった幻想的タッチ、特に横顔のキティが目をつむっていちごをもつ「いちごの香り」は珍しい構図で印象的。「いちごキティ」はいちごのつぶつぶが顔いっぱいのかわいいキティ。「いちごチェア」は大きなチェアに小さいキティがちょこんと腰掛けています。「ピンクのいちごの帽子」は赤、白とシリーズもの。「いちごの想い」は4人(匹?)の目をつむったキティが帽子をかぶっています。これもHPにあります。「いちごボトル」「いちごマン」「いちごカップ」は多数のいちごを背景にキティがこちらをみつめています。いずれも1600×1621の大作。
「いちごに抱かれて」はいちごに埋もれたキティの全身を横から描いています。目をつむっています。1146×1621の縦長。これもHPにあります。「いちごタワー」はいちごを積み重ねた塔の後ろからキティがのぞいています。
「大きなイチゴ」は巨大なイチゴの下の方にキティが立ってこちらを見ています。

みんなかわいい、いままであまり見たことのなかった新鮮なキティちゃんです。実物をごらんになりたい方は、大丸梅田15階「大丸ミュージアム」でどうぞ。8/21までです。

|

08/12/2012

ミステリーは強し

オリンピックもいよいよ終了間近ですが、テレビ中継の裏番組は苦戦を強いられています。

日曜劇場「サマーレスキュー」前週12.6→8.6%(8/5)、月9「リッチマン、プアーウーマン」13.9→9.7%(7/30)、NHK「平清盛」に至っては歴代最悪の8.1%(8/5)です。ところが、産経8/11付記事によると「ミステリーは強し」。競泳や柔道重量級と同じ時間帯だった8/2の「京都地検の女」は11.3→12.9%(8/9も12%台)、8/2の「東野圭吾ミステリーズ」は9.2→10.4%、7/30の「財務調査官 雨宮瑠璃子7」も12.7→12.9%とむしろ前回より視聴率がアップしています。

ミステリードラマが意外に検討しているのは面白い傾向です。(視聴率は大阪)

|

江戸時代の肝だめしを大阪で

先日、史上最怖のお化け屋敷を紹介しましたが、今度は「江戸時代の肝だめしを大阪で体験しよう」という話題です。(本日の産経朝刊から)

商家が立ち並ぶ大通りから一歩奥に入った裏長屋の薄暗い路地を進むと、部屋の中に行き倒れた女性が横たわっていたり、柱の陰に幽霊が身を潜めています・・・。登場するお化けは、「から傘」や「ぬらりひょん」(なにこれ?)など伝統的な妖怪ばかり。
外人客も大喜びのイベントだそうです。場所は「大阪くらしの今昔館」、8/11~13だそうですから江戸のお化け屋敷を体験したい方はお急ぎを。浴衣も貸してくれます。

|

08/11/2012

全国学力調査の都道府県別データ

8/9付各紙に、全国学力調査の都道府県別平均点が掲載されていました。なかでも朝日新聞は、上位5位までの欄にシャドウをかけ目立たせていました。都道府県による学力差は一目瞭然。秋田は小学校全5教科が1位、中学校も国語A,Bと数学Bが1位、数学Aは2位、理科は4位とダントツの成績です。福井もすべて1~4位、石川、富山もすべて2~8位です。一方、沖縄はすべて最下位。大阪は中学校5教科が42~46位、北海道も小学校5教科が40~46位と芳しくありません。

2008年の橋下知事時代に、大阪府内の市町村別データが発表されました。公表されている市町村別の経済・社会・生活レベル(児童の就寝時間、朝食抜き児童の割合、家庭学習の時間、塾通いの比率も含む)等のデータと学力の相関を個人的に解析し、興味深い知見がえられたことを思い出します。

秋田、福井、石川、富山が好成績である理由は、いろいろあるでしょう。前回、秋田・福井のレベルがなぜ高いか調査した結果が、新聞に紹介されていました。結論は「(1)早くから少人数学級を導入、(2)家庭の教育力の高さ」だそうです。

|

道頓堀のプールは1kmか700mか?

大阪市中心部を流れる道頓堀川に全長1kmのプールをつくろう、大阪府市特別顧問で元経済企画庁長官の堺屋太一氏の発案がいよいよ現実味を帯びています。
ところで各紙が「長さ1km」と書いているなか、日経が「700m」と書いていたので不思議に思っていました。今日の日経電子版「おでかけナビ」に基本計画の詳細が掲載されています。なぜ数日前に700mと書いたのか不思議です。
<地元商店街や南海電鉄で構成する「道頓堀プール準備室」が7月31日、基本計
画を発表した。2015年夏の開業を目指して、民間主導で競泳競技や市民が遊泳できる世界的名所をつくる。・・・基本計画によると、プールは発砲スチロールの浮き材を付けた布函式の水槽となる。深さ1.1~1.4m、底面に硬質樹脂ボードなどを敷き、泳いだり歩いたりできるようにする。まずは、道頓堀川に架かる東側上流の日本橋から西側下流の深里(ふかり)橋まで約800mの区間に布函を並べる。将来は西側に延長して、プールの全長を1kmとする計画だ>

最終的に1kmになるようです。

0811

|

08/10/2012

バレーボールに8000個のディンプル

鈴木聡美選手や伊調馨選手の笑顔が忘れられないロンドンオリンピックもいよいよ終盤。
女子バレーボールも24年ぶりの4強に入りました。じつはロンドンオリンピックの試合球は、広島のミカサ製。国際バレーボール連盟から「ラリーが続き、見て楽しい試合になるように」と要望され、工夫を凝らしたボールを開発しました。
そのボールとは・・・8枚の人工皮革を張り合わせた表面に、ゴルフボールのような直径1.5mmのくぼみが約8000個あります。このためすべりにくく、よりレシーブしやすくなっているとのことです。
8/9付読売新聞朝刊「いずみ」に紹介されていました。

|

料理 しゃりしゃりシャーベット

道具は不要です。家の冷凍庫に保存しておくと、いつでもおいしいシャーベットが味わえます。暑い夏に最適の超簡単スイーツ。カルピスのHPを参考に、まず基本形を紹介します。
(材料)牛乳 100cc、カルピス 50CC
(作り方)
1)牛乳とカルピスを混ぜます。
2)これを冷凍用保存袋(フリーザーパック)に入れて冷凍します。
3)冷凍庫から出して、必要量だけ指で袋を押して崩しながら容器に盛ります。硬くても、常温で少しおけば手で崩せるようになります。
4)上にマンゴー等好みのものを載せて食べます。

0810


|

メダカじゃないよ、カダヤシだよ

大阪市の万代池にメダカはいません。よく似た魚が泳いでいますが、これはカダヤシ。メダカはサンマやトビウオの仲間ですが、カダヤシはグッピーの仲間です。メダカは卵を水草に産み付けますが、カダヤシは卵胎生です。体内で卵を孵化させ、子供を産みます。カダヤシのオスは、メスのお腹に交接脚を挿入し、精子を送り込むそうです。

メダカが育つためには、卵が育つ水草が生えていなければなりません。きれいな水が必要ということだそうです。カダヤシは汚れた水でも育ちます
。万代池にメダカでなくカダヤシしか住んでいないということは汚れているということ。

「万代池をきれいにしましょう」と、「すみよしエコフェスタ」の展示が呼びかけていました。

カダヤシはもともとボーフラ退治のために日本各地に放流されたそうです。原産は北米。カダヤシ=蚊絶やし。

http://http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/fish/tenji/sakana/sakana/medakadahikaku.html

0810


|

08/09/2012

弥生人は蛸壺を使っていた

現代と弥生時代とあまり変わっていないなあと思うのは、蛸壺。大阪府立弥生文化博物館には、弥生時代の蛸壺が展示されています。当時の蛸壺は、多くが丸底のコップ形。丈夫にあいている穴は縄を取り付けるためのもので、いくつかをつなげて延縄(はえなわ)としていました。

池上曽根遺跡からは、上部に把手(とって)がついた釣鐘形のイイダコ壷も出土しています。
写真は左「マダコをとる壷」、右のほうは「イイダコをとる壷」。

0809


|

08/08/2012

桂米朝展(6) 初公開 軍隊病床日誌

いよいよ会期もあと2日残すだけになりました。

米朝さんは大東文化学院在学中に召集を受け、入隊したあと腎臓病を患って陸軍病院に入院します。このときの日記が今年発見され、初公開されています。落語の記述も多く、「ゆく春や高座布団の色模様」「過ぎし日の朧月夜の寄席の色」などの俳句も書かれています。

|

女子バレー勝因のひとつに情報戦

大林素子さんが「日本女子バレー4強入りの快挙」のうらに情報かく乱作戦があったと話していました。

日本チームは、10人の選手のうち、主要メンバー3人を除く7人の背番号をオリンピック直前に変更しました。相手チームが戦力分析をするときのキーは背番号、それを直前に変更すると、データ入れ替えが間に合わず、相手チームは混乱します。ここまで勝ってきた理由のひとつだそうです。
真鍋監督は、今回からiPadを手放さないそうですし、オリンピックの情報戦、面白いですねえ。

|

入れ歯安定剤のリスク

先日、「歯と体の健康」について講演を聴く機会がありました。そこで出てきた驚くべき話とは・・・
毎日、テレビで「入れ歯安定剤」のコマーシャルが流れています。〇〇グリップとか××グリップとか・・・各メーカーから粉末タイプ、クリームタイプ、シートタイプ合わせて18種類も販売されています。「入れ歯と歯ぐきの間に充填剤が入ればしっかり固定され、イチゴの種等が間に入ることもなくなり、しっかり噛める」というCMには、重大な落とし穴があるそうです。すなわち、「咬み合わせ」が考慮されていません。

咬み合わせが悪いため、日によってわずか0.5mmずつ位置が変わっても、歯ぐきがぶよぶよになり柔らかくなってしまいます。こうなるとどんな腕のいい歯医者に駆け込んでも、もう遅い。入れ歯が作れません。土台が曲がってふにゃふにゃになったものからは型がとれません。

入れ歯安定剤の説明書には、「使用上の注意:長期間使用しないでください。歯茎がやせたり、噛みあわせが悪くなることがあります」とちゃんと書いてあります。ところが読んでいる人はほとんどいないし、読んでもその真の意味を理解している人はいないそうです。

このほか、「咬み合わせが悪いと、肩こり、腰痛、血圧、自律神経等に悪影響が出る」と実演入りで伺いました。

|

弥生人はふぐを食べていた

弥生文化博物館に、「フグを食べていた弥生人」という展示があります。池上曽根遺跡からフグの骨が出土しているそうです。長年の経験から毒を避ける調理法を編み出していたのでしょうね。

0808


|

08/07/2012

朝ドラ後期<純と愛>制作中

7/28にNHK大阪に行ったところ、今年度後期分の朝ドラ「純と愛」の撮影中でした。第1スタジオにホテルのセットができていました。
ひところ低調だった朝ドラも、最近は「ゲゲゲの女房」「てっぱん」「おひさま」「カーネーション」「梅ちゃん先生」と毎週の視聴率トップが珍しくない作品が続いています。
東京、大阪交互に制作していますので、次回作は大阪の番。撮影は好調のようです。

|

天王寺公園ジオラマ

昨日アップした「あべのハルカス」の北西側です。大きく広がるのは天王寺公園。大阪市立美術館、天王寺動物園、茶臼山古墳、慶沢園(日本庭園)等が見えます。上の塔は通天閣。

0807


|

08/06/2012

2014年春の阿倍野・天王寺地区

近鉄あべのばし駅構内に「あべのハルカス」(高さ300m、複合ビルとして日本一)完成後のジオラマが展示されています。右の緑の部分は天王寺公園(天王寺動物園、大阪市立美術館)です。通天閣も近く。

0806


|

08/05/2012

ロケ地北九州の観光案内

Movix堺(映画館)に「北九州においでっちゃ」というチラシが置いてありました。最近の映画「ワイルド7」と「ロボジー」のロケ地北九州に来て、「見て、学んで、体験して、食べて、遊んで」という内容です。市内で撮影したシーンの写真も紹介してありました。
観光スポットとして取り上げられているのは、「門司港レトロ」「スペースワールド」「皿倉山夜景(新日本三大夜景)」「小倉城」「工場夜景」「関門のふぐ」「豊前海一粒かき」「焼きうどん」。昔住民だったころとは変わっているところも・・・

|

桂米朝展(5)俳人八十八(やそはち)

米朝さんは俳人としても有名です。俳号は「米」の字を解き解いて「八十八(やそはち)。
こんな色紙も展示されていました。
<親友を 悪友と呼ぶ 仲の良さ>
<法善寺 ぬけて帰ろう はるの雨>
東京の句会に大阪から参加できないため、高額な電話代を使って参加してくれたことに対する傑作な言葉、言い回し満載の賞状も並んでいました。

|

宮部みゆきさんの <返事はいらない>

平成3年10月発表の短編集です。私が読んだのは平成14年31刷の文庫本。6つの短編が入っています。
<返事はいらない> 
失恋女性がコンピューター犯罪の片棒をかつぐ物語。微妙な女性心理を描きます。
<ドルシネアにようこそ> 
作者自身を投影したような若い速記学校に通う男性が、駅の伝言板に書き続ける最初から読み手のいない「ドルシネアで待つ」。ある日、返事が書き込まれます。華やかな東京で、華やかとは無関係な生き方をしている若者の切なくハートウォーミングなストーリー。
<言わずにおいて> 
上司とけんかをして退職を決めた女性のそばを疾走してきた車。運転手は彼女を見て、不思議な言葉を叫んだ直後、土手に激突、同乗していた妻とともに死んでしまいます。仕組まれた事件の真相は?
<聞こえていますか>
引越し先の電話機に仕組まれていた盗聴機のなぞをめぐってサスペンス
タッチのユーモラスな展開をみせます。
<裏切らないで>
東京はすべての人にとって公平に幻の場所。東京に騙され、幸せ詐欺にかけられた2人の女性をめぐって殺人事件が起きます。
<私はついていない>
結婚間近の女性が、借金のかたに婚約指輪を取られます。急遽、借りた代品はイミテーションでした。カード地獄を題材に、ユーモラスな短編に仕上げています。

|

わが愛犬もベルリナー

産経新聞8/2付「ベルリン物語」(ベルリン駐在記者によるコラム)が、ドイツにおける犬の地位の高さについて触れています。街にはリードなしで散歩する犬が珍しくなく、赤信号では飼い主と一緒に止まり、少し離れていても飼い主が呼べばすぐ戻るそうです。スーパーの前では、行儀よく飼い主の買い物が終わるまで待っています。電車やバスにも堂々と乗車します。まさに家族の一員です。

ただし、犬も税務署で住民登録と犬税が必要です。ベルリンでは毎月10ユーロ(960円)。「これで君の犬もベルリナー(ベルリン市民)」といわれると悪い気はしないそうです。記者曰く、「わが愛犬も納税証明のチップを首輪につけ、誇らしげに街中を練り歩く」。

日本では、泉佐野市が犬税の導入を検討中ですが、ちょっとした騒ぎになっていますね。

|

08/04/2012

桂米朝展(3)文化勲章の勲記

文化勲章の賞状は勲記というそうです。さすがにふつうの賞状とはぜんぜん趣が違います。横長の紙に縦書き。その中央に大きく「明仁 (印)」とかかれています。文章は
<日本国天皇は、中川清に文化勲章を授与する 皇居においてみずから名を署し 璽をおさせる  平成21年11月3日   内閣総理大臣 鳩山由紀夫  内閣府賞勲局長 ○○>

|

ローマのかき氷 GRATTACHECCA

日本初・ローマ生まれの新感覚かき氷という触れ込みで話題の「あべのHOOP」(近鉄百貨店あべの本店の南)1Fオープンエアプラザの「Raletti(ラレッティ)」。

http://raletti.jp/


何日か前、はるか愛がやってきて食べているところをテレビで放送していました。私もでかけて「グラッタケッカ」を賞味。

<ローマにしかないかき氷。フルーツそのもので作った絶品ソースとふわっと溶ける氷を楽しむちょっと大人のかき氷>

レモン、マンゴー、イチゴ、ミックスがありますが、私が注文したのは、はるか愛もきゃっきゃっ言いながら食べていたイチゴ(モンテローザ:イチゴ色の山)480円。
新鮮なイチゴたっぷりのソースがあまくておいしく、ふわっとした氷の感触がなんともいえない上品なお味・・・

0804


|

MIZUNO店頭はすっかり五輪モード

淀屋橋のミズノ大阪店の前を通ったらショーウインドーはすっかりオリンピックモード。
背泳で銅メダルを取った寺川綾の写真と水着を着たマネキン等、ミズノが提供している競技用衣類がずらり。
社運をかけた開発商品でしょうから力が入っています。

|

08/03/2012

桂米朝展(2)人間国宝の認定書

米朝さんが受賞した各種の賞状やブロンズ像などがあっと驚くほど多数展示されています。そのうち人間国宝の認定書、文化勲章の勲記の現物を目にしたのは初めて。

まず、人間国宝の認定書(横長、縦書き)には次のようなことが書かれています。

<認定書 中川 清殿(桂 米朝)大正14年11月6日生
文化財保護法第56条の三の規定により重要無形文化財古典落語の保持者として認定します
平成8年5月10日 文部大臣 奥田幹生>

08032


|

事件詩人

産経朝刊の題字左に毎日掲載されている「朝の詩(うた)」が30年を迎えたそうです。100歳の詩人・柴田トヨさんもここから生まれました。30年間、選者を務めてきた詩人・新川(しんかわ)和江さんのインタビュー記事(7/31付紙面)に「事件詩人」という言葉がでてきました。なにこれ?

<昔、産経新聞の中に、事件や事故と関連させた即興詩を掲せていた時期がありましてね。何か起きるたびに呼び出されて、翌日の朝刊に間に合うような詩を書いていましたの。ボクシングの観戦詩をリングの横で和服を着て書いたこともありましたよ>
昔の新聞は、いろいろおもしろいことを企画していたものです。

|

08/02/2012

日本一汚かった大和川はいま

長年日本一汚い川として不名誉な記録を保持していた大和川(やまとがわ:奈良~大阪)、いまではBODがかつての10分の1に激減、環境基準をクリアしているそうです。平成12年度と平成22年度の流域地点別BODのマップを見ても、大きく改善されています。

汚れの8割は家庭からでる生活排水、まだ水遊びのできる川には不十分だそうです。

0802

|

桂米朝展(1) 米朝アンドロイド演じる落語を鑑賞した

ブリーゼプラザ(大阪・桜橋の元産経新聞大阪本社跡にできた商業ビル)小ホールで8/1から開催されている桂米朝展を見てきました。人間国宝・米朝さんの米寿を記念し、その奇跡・功績を紹介する催しです。

最大の話題は米朝アンドロイド(人間型ロボット)による米朝落語の再現です。私が鑑賞した演目は「看板の一」。10分間にわたって、米朝さんの録音に合わせ、身振り手振り豊かに高座を再現してくれました。表情、手の動きがじつに滑らか、ロボットもここまで進化したかと思うほど。アフラックの「招き猫ダック」もアンドロイドですが、あれをぐっと高級にした感じです。

08021


|

08/01/2012

家族団欒(だんらん)

0801


いまや、こんな言葉を聞くことも、少なくなりました。が、弥生文化博物館に入ると写真のようなシーンが目に入ります。

弥生人が住居の中でいろりを囲んで一家団欒の時間を過ごしているところ。顔は当時の人骨から再現した弥生人の顔だそうです。外からわんちゃんが、のぞき込んでいます。
弥生時代からわれわれの祖先は、わんちゃんと一緒に過ごしていたことがわかります。

|

打ち水大作戦

区役所に出かけると、打ち水大作戦をやっていました。昼の
ニュース(夜のニューステーション冒頭でも全国向けに放送していました)で橋下市長から辞令をもらっていた公募区長さんが、さっそくあいさつしていました。ゆるきゃらの「すみちゃん」もいっしょ。

0801_2


|

« July 2012 | Main | September 2012 »