« 自炊法のテクニック | Main | 秋です。おさつスナックの季節です »

08/31/2012

バナナの熟れ頃

バナナを時々買ってきます。「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」テキスト8月号に、バナナの熟成について書いてありました。

・バナナ、パイナップル、マンゴー、キウイ、パパイア、メロンなどはまだ若いうちに摘まれて運ばれ、小売店に並びます。このとき、まだ熟成が進行中。熟成の適温は15~25℃。
・バナナの付け根と先の部分に青みが残っているのは、「ただいま熟成中」の証拠。冷蔵庫に入れると熟成が止まり、甘みもうまみもでません。
・室温にしばらく置き、バナナの皮の青みがなくなり、茶褐色の斑点に覆われるようになったら完熟。斑点が出かかった完熟直前がフレッシュ感と香り、ほのかな酸味が味わえるグッドタイミングです。皮をむいてラップで包み、冷蔵庫にも保存できます。

私は完熟直前で皮をむいてラップに包み、冷凍しています。冷凍バナナのあのアイスのような触感が好きです。長期保存もできますし。

そういえば、朝ドラ「ゲゲゲの女房」で、水木しげる先生が南方戦線での経験から「バナナは腐る直前が一番おいしい」と、果物屋から変色したバナナを安く買ってくるシーンがありました。

もうひとつ。最近、I 先生が「バナナの皮の内側で歯を磨けば真っ白な歯になる」という記事を紹介されていましたが、本当? 確かめてみる価値はありそう。

|

« 自炊法のテクニック | Main | 秋です。おさつスナックの季節です »