« 知研関西セミナー 緊急地震速報と防災対策 | Main | 料理 ジャガバタ »

08/25/2012

新興国の電力事情

新興国の電力事情についてまとめた記事が出ていました(8/13付産経)。「たかが電気」とはいえない深刻な事態が各国で起きています。

(エジプト)カイロで8/9広範囲の停電が発生。気温40℃以上で数時間も停電し、使えなくなった食料、医薬品も。地下鉄が1時間以上も運転停止。乗客は線路を歩いて移動した。

(インド)7/30,31に大規模停電発生。6億人に影響が出た。31日には炭鉱のエレベーターが停止、作業員が地下に閉じ込められた。過去10年間で発電能力を40%引き上げたが、追いついていない。

(韓国)原発の運転停止により、8/6電力供給の余力が4%を下回り、節電を呼びかけて事なきを得た。昨年9月の大停電再来を防ぐため、原発再稼動を決定した。

(中国)慢性的電力不足が続き、電力供給倍増の必要性を共産党機関紙が強調。「火力発電は石炭、原油の確保が制約となるため、中国が進む成長への道は狭まっている」(←原発20基増強計画必須の主張?)

|

« 知研関西セミナー 緊急地震速報と防災対策 | Main | 料理 ジャガバタ »