« 料理 ひやしあめ | Main | 知研関西セミナー 緊急地震速報と防災対策 »

08/25/2012

書留だったのか、普通だったのか?

韓国にあてた野田総理大臣の親書が送り返された件、「書留で送り返す」と韓国が発表し、24日午前に届きました。翌25日付の朝日「天声人語」も「書留郵便で戻ってきた」、25日付日経も「書留郵便で返送した」。テレビのワイドショーも「書留で届いた」と言っていました。

「変だなあ」と思ったのは、前日の産経夕刊1面の記事<首相親書 韓国側、普通郵便で返送 政府「送り返さず」>を読んでいたから。同記事は、「玄場光一郎外相は24日午前の記者会見で、野田佳彦首相による李明博大統領宛ての親書を韓国側が郵便で日本政府に送り返したことについて、(略)。親書は同日午前、「返送する」との文書が添えられ、配達の過程などが記録される書留ではなく、普通郵便で外務省に届いた」と書いていたのです。
わざわざそれ以前の報道「書留」を修正する記事を掲載した産経が正しいなら、他のメディアは刷り込まれた情報をそのまま書いたり、言ったことになりますが・・・。
「書留郵便」だったのか、「普通郵便」だったのか?

|

« 料理 ひやしあめ | Main | 知研関西セミナー 緊急地震速報と防災対策 »