« 春野恵子さんの浪曲を生で聴いた | Main | アカシアの香り »

09/04/2012

梅は松・竹より下か?

NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の梅ちゃんは、「お姉さんの松子、お兄さんの武夫より劣る梅子という名前をいい加減に付けられた」と思っていました。生まれた息子の命名式で父親から「梅」の本当の意味を教えられます。(9/4 放送分)
<厳しい寒さの中で、松は緑を保ち、竹はすっくと立ち、梅は他の植物に先駆けて花を咲かせる。中国では松竹梅を高潔、節操、清純などの象徴として「歳寒三夕(さいかんのさんゆう)」と呼び、讃えられてきた>(ドラマの表現どおりではないと思いますが・・・)
論語の中に出てくるそうですね。

たまたま「梅ちゃん先生」と「歳寒三友」で検索すると、ソウル日本人学校のHPが出てきました。そこに、
<創立40周年をむかえたソウル日本人学校に、「梅組」が誕生しました。梅といえばなんとなく松竹の次というイメージがありますが、時によっては梅を最上級とすることもあるほど、松竹梅は同等なのです> 続いて「歳寒三友」の説明があり、
<実は、その松竹梅がソウル日本人学校の敷地内にそろっていたのです> と写真付きで紹介。そして、
<今年のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の三兄弟の名前も松竹梅とか。創立40周記念の年に何だか奇遇ですね>

梅ちゃん先生が、ソウル日本人学校にまで及ぶとは、まったくの奇遇です。

|

« 春野恵子さんの浪曲を生で聴いた | Main | アカシアの香り »