« 三浦雄一郎さん(5) 夢を持てば工夫する | Main | 大阪駅前に世界最大の樹? »

09/14/2012

三浦雄一郎さん(6) ロコモトレーニング

Sp1030711


P1030712


講演会後半は、整形外科医のみなさんの話と三浦さんを交えた実演付ロコモーショントレーニングの紹介です。骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高まります。これがロコモティブシンドロームです。
そこで推奨されたのが、ロコトレ。特に重要なのが「開眼片脚立ち」と「スクワット」のふたつ。

開眼片脚立ち:転倒しないよう、机の上に片手を乗せて、床に着かない程度に片足を上げます。左右1分間ずつ、1日3回。
スクワット:若い人のスクワットとは違います。立った状態から椅子に腰かけるように、お尻をゆっくり下ろします。膝がつま先より前に出ないように。膝の曲がる向きは、足の第2趾の方向。足は30度くらい外に開きます。体重が足の裏の真ん中にかかるようにします。膝は曲がっても90度を超えないように。深呼吸をするペースで5~6回繰り返し、1日3回。

|

« 三浦雄一郎さん(5) 夢を持てば工夫する | Main | 大阪駅前に世界最大の樹? »