« 42度のシャワーが目を癒す | Main | 国民的新総理コンテスト »

09/15/2012

今朝の社説はまっぷたつ

政府の決めた「革新的エネルギー・環境戦略」の新聞評価はまっぷ​たつ。全国紙5紙の社説をチェックしました。
原発賛成派の日経、読売、産経は「異議あり。原発ゼロは国益を損​なう」、「原発ゼロは戦略に値せず。撤回し、現実的なエネルギー​政策を示せ」、「現実を直視しない空論。日本は亡国の淵を漂流す​る。世界で孤立し責任果たせぬ。即時撤回して25%超に」と激し​く批判しています。

一方、原発ゼロ派の朝日、毎日は、「原発ゼロを確かなものに」、​「実現への覚悟を持とう」と一応評価しているものの、「原発ゼロ​」には多くの課題を抱えることを認めています。

日経:http://www.nikkei.com/article/​DGXDZO46163820V10C12A9EA1000/
読売:http://www.yomiuri.co.jp/​editorial/news/​20120914-OYT1T01589.htm
産経:http://sankei.jp.msn.com/​politics/news/120915/​plc12091503200005-n1.htm
毎日:http://mainichi.jp/opinion/​news/​20120915k0000m070120000c.html
朝日デジタルの社説は、会員登録しないと読めません。

|

« 42度のシャワーが目を癒す | Main | 国民的新総理コンテスト »