« デジタル本はこんなに便利? | Main | 捜査地図の女 »

10/19/2012

法テラス寄席 その3

落語「へっつい盗人」「佐野山」について、現在の法律で解釈するとどうなのか、桂南光、桂南天、弁護士のトークがありました。
・道路においてあったものを持ってきたら盗みになるか? →誰のものかわかるものなら窃盗。だれのものかわからなければ窃盗にはならない。
・夫のへそくりを妻が盗んだら窃盗になるか? →家庭内の問題にはなるだろうが法律上の窃盗にはあたらない(同居家族間の場合)。
・情け相撲は罪になるか? →八百長そのものは罪にならない。だましただけなら無罪。賭博等、金が絡んで誰かが損をすると罪になる。だれも損せず、楽しんでいるだけなら罪にならない。ただし、債務不履行と言われないよう、表現に配慮が必要な場合も。

|

« デジタル本はこんなに便利? | Main | 捜査地図の女 »