« 純と愛まつり 1 | Main | 「藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その8) »

10/29/2012

純と愛まつり 2

Ss


会場のパネルを丁寧に見ていくと、朝ドラの今後の展開や背景が見えてきます。たとえば純の厳しい指導役の桐野富士子(吉田洋さん)について、こんなことが書いてありました。
<接遇指導担当。かつては純のようにお客様本位のサービスをしたいとホテルの慣習に挑んだが、挫折。現社長と苦い恋愛関係になったこともあり、それ以後、男に厳しく、考えの甘い女にはさらに厳しく接する鬼教官になっていった。純の言動に昔の自分を重ね合わせていくことになる>

|

« 純と愛まつり 1 | Main | 「藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その8) »