« 水都大阪フェス2012 その2 | Main | 藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その4) »

10/15/2012

船場まつり その1

S20121014


船場センタービル6号館で開かれた「世にも不思議な科学館」。「弦のないハープ」(弦の部分に手を入れると音が出る)、「不思議な水道」(何もないところに取り付けられた蛇口から出続ける水)、「奇妙なビルディング」(どこから見ても、正面に見えるビル群の絵)、「愛想の良い立方体」(立方体をじっと眺めて移動すると、立方体が自分の動きに合わせて向きを変えてついてきます)。
写真は「愛想の良い立法体」。中央は真正面から見たとき、右、左はそれぞれ右、左から見たときの写真。

|

« 水都大阪フェス2012 その2 | Main | 藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その4) »