« 「藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その6) | Main | 癒しのフルートコンサート »

10/22/2012

法テラス寄席 その4/ゲームで裁判員! スィートホーム炎上事件

Photo


「法テラス寄席」でもらった紙袋にゲームの案内が入っていました。ゲームには全然興味ない私ですが、「100%弁護士がシナリオを手掛けたゲームソフト」との触れ込みにダウンロードして遊んでいる(勉強している)途中。なかなか良くできており、裁判の仕組みや進め方、法律がよくわかります。裁判員に選ばれたときには絶対役立ちます。とりあえず、いままでにわかった?こと。
・裁判員になったとき、弁当代は自分で払う。
・裁判員はプライバシー保護のため、名前でなく番号で呼ばれる。

WINDOWS専用の無料ゲームです。大阪弁護士会ホームページからダウンロードできます。まずは、紹介ムービーをぜひどうぞ!


http://www.osakaben.or.jp/web/saibangame/game06.html

<住宅街がホームイルミネーションに輝く12月、会社経営者の自宅が放火され、車椅子の妻が死亡した。被告人として起訴されたのは、被害者の夫婦と同級生だった男。「私はやっていません」と言う被告人は、はたして有罪なのか、無罪なのか? 放火事件の裁判員に選任された「わたし」は、戸惑いながらも、初めての裁判に臨む>

|

« 「藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その6) | Main | 癒しのフルートコンサート »