« 梅ちゃん先生、早くもスペシャル放送 | Main | 出直し ザ・大阪ベストアート展 »

10/10/2012

「藤原正彦先生の講演 日本のこれから、日本人のこれから」(その1)

「国家の品格」等のベストセラーで知られる数学者・お茶の水女子大名誉教授 藤原正彦さんの講演会(9/30 大阪商工会議所)を聴講しました。立て板に水の流れるようなお話ぶりでした。とりあえず産経新聞10/1付記事から概要のみ。詳細はのちほど。
・第一次世界大戦時の帝国主義や昨今の新自由主義にさらされた日本人は誇るべき「国柄」を忘れた。
・国柄を支えたのは美しい情緒と形。美的感受性により輝かしい文学、芸術が生まれた。国柄を取り戻せば世界に誇る科学工業立国になる。
・最近のいじめについて「惻隠(そくいん、哀れみの心を抱くこと)」の情は、古くから培われた日本人の品格。これを失ったことがいじめの原因で、責任は家庭にある。惻隠の情などを家庭で教えることで、後世の政治、経済に影響を与える。

|

« 梅ちゃん先生、早くもスペシャル放送 | Main | 出直し ザ・大阪ベストアート展 »