« 三宅久之さん、ご冥福をお祈りします | Main | 養老孟司先生の講演 その1 »

11/17/2012

2012年上期雑誌販売部数

今朝の産経「週刊誌ウオッチング」に日本ABC協会のデータが掲載されています。総合週刊誌1位は、17期連続で「週刊文春」46万5983部、ただし、2.39%減。
戦後長らく50万部を切ったことがなかった総合月刊誌「文芸春秋」は、16.25%減の35万2582部。

総合週刊誌のランキングは以下のとおり(1000の単位四捨五入)。
1.週刊文春 47万、2.週刊現代 38万、3.週刊新潮 36万、4.週刊ポスト 28万、5.週刊大衆 15万、6.週刊朝日 13万、7.週刊アサヒ芸能 11万、8.AERA 8万、9.サンデー毎日 7万、10.ニューズウイーク日本版 4万

先日の「週刊朝日」事件は、赤字解消のため売り上げ増を狙ってやり過ぎたのでしょう。以前、文芸春秋の「マルコポーロ」が同様な事件を起こした時、即廃刊になりましたから、今回も経営的には考えたかもしれません。いずれにしても印刷物の将来は大変・・・

|

« 三宅久之さん、ご冥福をお祈りします | Main | 養老孟司先生の講演 その1 »