« 正倉院展  その3 | Main | 正倉院展  その5 »

11/14/2012

正倉院展  その4

Sp1040096


聖武天皇が使われた双六のゲーム盤やガラスの駒、象牙のサイコロもありました。奈良、平安時代に双六が日本で大流行し、庶民から貴族、皇族まで楽しんだそうです。
巻物を広げて読むための書見台にも感心しました。左側の受け台に巻物を置き、右側の受け台に巻き取って読んでいく仕組みです。1250年前、こんな便利なものがあったとは・・・。
お香をたく球形の香炉は、ほぼバレーボールの大きさ。転がしても火や灰がこぼれないよう、水平に保つ工夫がされています。
その他、わが国に残る最古の戸籍のひとつや税収の記録、決算報告書、犯罪を起こした罰として宴席を設けるよう書かれた書類もありました。

|

« 正倉院展  その3 | Main | 正倉院展  その5 »