« November 2012 | Main | January 2013 »

12/31/2012

正月の新聞  2/日本力(産経)

産経第2分冊は「目覚めよ 日本力」。「東海道新幹線 驚異の定時運行」(P67)を読むとすごいなと思います。年間12万本を運行しますが1列車あたりの平均遅延時間は 36秒だそうです。台風や大雪等の影響も含んでの実績ですからまさに驚異的。日本の技術力にもっと自信を持っていいのではないでしょうか。

|

正月の新聞  1 /神話を訪ねて(産経)

産経の第3部分冊(P73~84)は「日本の源流/神話を訪ねて」。1ページ目は今年秋に神宮式年遷宮を行う「伊勢神宮/日出ずる 母なる聖地に」。古事記の神話には意外にも伊勢神宮が1回しか出てこないそうです。今年のさっぽろ雪まつりに、式年遷宮を奉祝する大雪像が登場する、という記述が下段の伊勢神宮広告の中に書いてあります。最終ぺージは「出雲大社/生命力満つる神在の国」。

この特集で、女優の浅野温子さんが国学院大客員教授で、古事記よみ語りを10年間続けていることを知りました。もうひとつ面白かったのは、「こんなに違う! 古事記と日本書記」。「記紀」として一括りされることが多い「古事記」と「日本書記」ですが、内容はずいぶん違っています。古事記は、天皇中心の国づくりを目指した天武天皇の強い意志が現れています。一方、日本書記は中国向けに日本が歴史に根ざした国家であることを示す正史として書かれているため、神話の記述は少ないという特徴があります。古事記で重要なテーマの一つ「因幡の白ウサギ」も出てきません。日本神話のヒーロー ヤマトタケルノミコトについても人物評価は対照的。なかなか興味深い内容です。

|

12/30/2012

黒い十人の黒木瞳Ⅱ

12/28午後10時~11時30分、NHK BSプレミアムの「黒い十人の黒木瞳 Ⅱ」を見ました。黒木瞳がいつもの上品な女性でなく、「ちょっと黒くて怪しい10人の女」を演じる「黒い十人の黒木瞳」続編です。前回は8月に放送され、10/28深夜に総合TVで再放送されました。シニカルでブラック、かつコミカルなオムニバスドラマです。おもしろい、おもしろい。

「黒いクレーマー」、「黒い新婦」、「黒い哲夫の妻」、「黒い厚底めがねの女」、「黒い2階の女」、「黒い2階の女 その弐」、「黒い病室の女」、「黒い女将」、「黒いカレンダーの女」、「黒いのは妻か占いしか」

それぞれの話の制作会社名がまた凝っています。Black Tree Pictures、21st Century Black、Black Motion Pictures、Dark Eyes Works、Kuroversal、Black Cinema、Kulonbia、Black Tree Filems   Black Treeなんて「黒木」そのものじゃないですか。

|

愛用の500円玉入れ

Sp1040373


知人からいただいて重宝している500円玉入れです。ちょっと出かけるときポケットに入れます。かさばらず便利。500円玉が4~5枚は入ります。奥さんの手作りだそうです。

|

自分新聞のなぞ?

207815_407373189337850_2058329233_n


facebookの自分新聞が大流行なので私も昨日作ってみました。内容に一部誤解されそうな記事があったので公開しなかったのですが、きょう再度作ると全然、違う内容に変わっていました。トップ記事が「ハチ展」から「福助」に差し替え?になりました。1回作成した新聞をずっと記憶しているわけではないようですね。
毎日のように記事を書いているのに、「休載しました」と表記される月があるのはなぜでしょう。これはよくわかりません。
「いいね」をいただいたトップは水谷哲也さん、2位はHiroaki Satoさん、3位は Arita Kazueさんでした。ありがとうございました。

オリンピック期間中、パナソニックがよく似た新聞作成サービスをやっていましたね。おもしろいサービスです。

|

12/29/2012

なぜ南海地震という?

Sp1040370


これも「池上彰の学べるニュース」から。
南海トラフに沿って起きるといわれる南海地震の想定死者数が見直され、最大32万人と発表されました。ところでどうして「南海」といわれるのでしょうか?
池上さんの説明では、昔の日本は京都中心。そこで京都から見て、南の海という意味で「南海」と名付けられたそうです。東海道の「東海」も京都から見て東の海という意味。
なるほど。

|

中東とアラブ世界、イスラム世界の違い

P1040360


Sp1040361


Sp1040364


昨夜の「池上彰の学べるニュース」を見ていたら、「中東・アラブ世界・イスラム世界」の違いを地図で説明していました。
中東→英国から見て中くらいの東という意味。日本のように東の端は極東。
アラブ世界→主としてアラビア語を話す諸国
イスラム世界→世界中のイスラム教国家(中東だけでなく、世界57か国)

|

料理 ナスのピカタ

ピカタ(伊:piccata)は、イタリア料理のひとつ。ピッカータともいうそうです。
<薄切りの肉などに食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、パルメザンチーズを混ぜた溶き卵をたっぷりとからませてソテーしたもの>
という基礎知識を仕入れたところで「おしゃべりクッキング」12月号の「新しいなすの食べ方 なすのピカタ」にチャレンジ。これはおいしいですよ。これが「なす」から作られているとはちょっと思えません。
テキストのきれいなできあがり写真と比べると、あきらかに焼き過ぎでしたね。次回は焼き色が付くくらいでやめておこう。

(材料)なす 2本、豚ひき肉 80g、卵 2個、小麦粉 大匙2、パルメザンチーズ(粉) 大匙1、パセリ(みじん切り) 大匙1
 塩、こしょう、小麦粉、バージンオリーブオイル油 
(作り方)
1)なすの皮をむき、縦に7~8mm幅に切る。
2)ボウルに卵を溶きほぐし、豚肉、小麦粉、パルメザンチーズ、パセリ、塩、こしょうを加えて混ぜる。
3)なすに塩をして、小麦粉をまぶし、卵の衣がはがれないようにする。
4)フライパンにバージンオリーブオイル油を熱し、なすに2)をつけて入れ、中火で焼く。焼き色がついたら返し、なすにゆっくり火を通す。

|

12/28/2012

日経の文具セット

日経電子版のプレゼントに応募していたら「D賞 文具セット」を送ってきました。クリアファイル、付箋、ノートが入っていましたが、ノートの立派なこと。なんと布張りのハードカバー・・・こんなの使えないなあ。

|

百貨店とデパート

大阪に住み始めて以来、ひそかに思っていたことを、11/30付け朝日新聞夕刊が代弁してくれていました。柴崎友香さんの「季節の地図」です。

<関西では「百貨店」のことを「デパート」とはあまり言わない。一方、関東では「百貨店」は相当古い世代の言葉でふつう「デパート」という>

私も広島、仙台、北九州に住んでいたころは、古臭いイメージの百貨店よりはデパートと言っていました。大阪に来て、百貨店という言葉が堂々と使われ、広告にも「近鉄百貨店」「阪急百貨店」「阪神百貨店」等、書かれてるのにちょっとびっくり。

昔はすべて百貨店でしたが、関東基盤の百貨店がデパートといい始め、全国に広まったようです。そのため、関東ではデパート、関西では百貨店と言う人が多いのだとか。
あなたはどちら派ですか。

|

宮部みゆきさんの <おそろし>

以前取り上げた「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」は、今回の「おそろし 三島屋変調百物語事始」の続編でした。順番にこだわらず読んでいますので・・・。

袋物の店三島屋に引き取られた女主人公おちかは、ある不幸な事件で傷ついていて、おちかの傷を癒すために叔父の伊兵衛は、同じような不幸な過去を持った人間たちを三島屋の黒白の間に呼んで、おちか一人に不思議な事件を語らせます。
哀切にして不可思議な宮部みゆきさんの百物語が始まります。
先日見た「北斎展」に、北斎の描いた江戸時代の百物語の絵があったことを思い出しながら、興味いっぱい、楽しく読みました。

|

12/26/2012

カレンダーのクルンを直すには

きのうのE-TV「すイエんサー」で、カレンダーのクルン(丸まってしまったことをいうらしい)を直す方法を紹介していました。来年のカレンダーをもらったのはいいが、丸まっていて困るという方はご参考に。
丸めたカレンダーを冷蔵庫に入れて15分間保持すると、結露して湿ってきます。その後、平らな机の上に広げて、丸まった部分にドライヤーの熱風を当てます。こうすればクルンが解消し、まっすぐになります。ただし、乾燥しすぎた部屋では直りませんのでご注意。
このほか、お風呂上がりの浴室の中でぶら下げるのも効果があるそうです。

|

正月特別駐車料金

近所のスーパーに行ったところ、お正月用品がずらり。買い求める人でごった返していました。
びっくりしたのは駐車場の掲示です。正月直前~正月中は特別料金になり、1日最大料金も撤廃だそうです。
スーパーで500円以上買えば、1時間無料になりますのでいままで料金を払ったことはないのですが・・・
駐車場は委託されたコインパーキング屋が運用しています。正月用品買い出しで客の集まる時期に儲けようということでしょうが、嫌ですねえ。
先日、テレビで某女性タレントが、花火を見に行ったら駐車料金がいつもの4倍に跳ね上がっていて8000円も取られたと怒っていました。しかも表示は入口にはなく、出口の料金支払い所だけあったというのですから。
飛行機や旅館等、最近はこういう料金設定の方が当たり前になりつつあるのでしょうか

|

ごはんのパンケーキ

Ssp1040328

「おしゃべりクッキング」12月号テキストの質問コーナー「余ったご飯で手軽に作れる料理は?」に紹介されていた料理です。
(材料)
ごはん 2杯分(160~200g)
玉ねぎ すりおろし 小1/3個
卵 小1個
ピザ用チーズ 70~80g
塩、こしょう
(作り方)
フライパンを中火にかけ、上記材料を入れて薄くひろげて焼く。
下面に色がついてカチッと固まってきたらひっくり返す。
両面においしそうな焼き色がついたら、醤油を塗ってできあがり。
6~8等分してサラダやウィンナーをつけて食べる。

チーズとご飯がよく絡み合っておいしい昼ごはんになりました。フライパンの大きさに比べて量が多すぎてうまくひっくりかえせなかったのでみっともない出来になりましたが・・・

|

キャベスプーン

けさのNHK「あさイチ」で紹介していた最近の大阪・新世界。
串焼きといえば、「ソースの二度づけ禁止」が有名です。ところが最初の部分だけつけると二口目はソースなしで食べなければなりません。全部つけると二口目以降、サクサク感がなくなります。
そこでキャベツをソースにつけてこれで補うというのがお勧め。これを「キャベスプーン」と呼ぶお客さんもいるそうです。
以前、昔あった「焼き氷」の再現目指して試作が続いているという話題を書きましたが、その後完成し、メニューにあります。カラメルソースにバニラアイスを載せて火をつけるパフォーマンスも。ちょっぴり苦い味だそうです。1個700円。

|

12/25/2012

酒粕で作る甘酒

本格的な甘酒は温度管理などかなりめんどうですが、酒粕で作る甘酒は簡単。しかも味はちゃんと甘酒の味です。 久しぶりに作って飲みました。素朴な味がいいですね。

酒粕   100g
水     400cc
砂糖   大さじ3(甘さはお好みで)
Sp1040327

鍋に上記材料を入れて加熱し、かき混ぜながら溶かすだけ。
できあがったら好みに応じて、しょうがのしぼり汁 小さじ1程度を加えます。


|

酒粕トースト

Sp1040324


酒粕は悪玉コレステロールを吸着して体外に排出するレジスタントプロティンを含んでおり、体にいいそうです。そこで2日前に買ってきた「月桂冠大吟醸酒粕」を使って酒粕トーストを作ることに。
先週、NHK「あさイチ」で紹介していた酒粕料理のひとつです。

食パン(1枚を4等分)にバター適量と酒粕20gをちぎって載せます。
次いで、オーブントースター1000Wで3~4分焼きます。
さらに蜂蜜をかけて食べます。
ちょっと風変わりな味が楽しめますよ。

|

12/24/2012

台所用品として便利かな?

Ssp1040322


レシピに「大匙1」とか「~g」とか書いてありますが、いっぺんに容量も重さも手軽かつ正確に量れるスプーンがあれば便利です。
と思っていたら、「おしゃべりクッキング」1月号のプレゼント企画の賞品に、こんな計量スプーンが・・・

<すくうだけで量れる計量スプーン。固形、粉末、液体が0.1g単位で量れ、液晶画面に見やすく表示されます。塩や醤油など、少量でも正確に量れるので健康管理にも便利。スプーン部に目盛がついていて容量も量れます。累積3000gまで計測可。¥2,940>

|

マロン葛湯

Ssp1040314


奈良国立博物館の正倉院展を見に行ったとき、近鉄奈良駅の売店で買ったもの。秋限定と書いてありますのでもう売っていないかもしれません。
<カップで飲めるモンブラン/葛湯のお湯を注いだ瞬間、モンブランやマロングラッセを彷彿させる芳醇な香りがふわっと広がります>
お鍋で作る方法と、電子レンジで作る方法が書いてあるのですが、電子レンジではうまく作れませんでしたね。鍋に水と粉を入れてかき混ぜながらとろみがついて透明になるまで炊き上げるだけですから、こちらの方が確実。

|

「家政婦が見た」 はもともと松本清張の原作だった

きのうの夜、「家政婦が見た」第1回の再現ドラマを放送していましたが、第1作だけ松本清張の原作だったんですね。
あとは柴英三郎のオリジナル脚本。第1作目は1983年7月2日放送。「家政婦は見た!」はサブタイトル。また、主人公の名前は「石崎秋子」ではなく「河野信子」、勤め先は「大沢家政婦紹介所」ではなく「協栄家政婦紹介所」。

|

大吟醸酒粕

Sp1040319


「月桂冠・大吟醸酒粕」を買ってきました。
<大吟醸の酒粕は酒造りにもっとも適した高品質の米を50%以上精白し、低温発酵させて造ったぜいたくな酒「大吟醸酒」の酒粕です。普通の酒粕と違って米こうじが多く残り、しぼりがゆるいのですがすぐやわらかくなります。大吟醸酒粕独特の香味と舌触りをお楽しみください>と書いてあります。
明日から粕汁、酒粕トースト等を楽しむことにしましょう。
酒粕と言えば、子供のころ冬になると、毎日のように砂糖をつけて食べたり、酒粕を作って飲んでいました。もちろん、母親が粕漬けも作っていました。郷里から多くの人が杜氏としてあちこちの酒造会社に出かけていたので、知人から毎年大量にいただいていたのです。小学校は、杜氏の家族を持つ児童の作文集を作って全国に送っていました。
数年前、高知の有名な酒のコマーシャルに、小さいころよく遊んでいた近所のお兄さんが出演していたのでびっくりしたことがあります。その会社の取締役(杜氏)でした。ふつうの製造メーカーなら「取締役製造部長」といったところでしょうか。

|

12/22/2012

電子メールで贈与の約束をしても無効

きょうのNHK「生活笑百科」で取り上げていた法律論議です。
<電子メールで自転車をただで譲ると約束していたが、ほかの人が買ってくれることになった。先の約束は取り消せるか>
弁護士先生の回答は、「民法は、贈与の内容は文書化されていることを要求している。その趣旨は、文章にしてほんとうにこれでいいか、自分で十分考えるということにある。メールはじっくり考えるというより、相手に伝達するという手段であり、民法のいう文書化にあたらない。したがって自転車を譲渡する前なら譲渡を取り消せる」。
へー、そういう法解釈になるんですか・・・

ゲストはいっこく堂さんでした。前回、NHKのスタジオで会ったおばちゃんが、「前回収録が終わた後、腹話術の人形さんとお話しました」と言っていましたが、きょうの放送分だったようですね。

|

きょうの夕刊 1面の記事です・・・

朝日 <若くて、美人の女性秘書はいらない。気が散って仕事にならない>
←民主党議員秘書の大量失職に関連して、「議員が望む秘書とは?」の中にあったユニークな(正直な)発言

産経 <フィンランド人の名前にはユーモラスなものがある。一番印象的なのは、「ヘンナ・パーヤネン」さん。大阪に来たらきっと人気者になれるだろう>
←題字横の「編集余話」に書いてあった実話。「変なパーやねん」さん?

|

領収書の色が変わるわけ

S


新聞料金の領収書の色が毎月変わるので不思議に思っていたのですが・・・偽造防止のためだったのですね。
よくよく見れば、色だけでなく薄い色で画像が入れてあったり、工夫のあとが。

|

12/21/2012

選挙で復讐を

精神科の女医さんの発想はすごいなと思ったのが、片田珠美さんの文章(産経12/20夕刊、「精神科女医のつぶやき/復讐のために投票を」)。
今回の投票率は戦後最低でしたが、「投票しなかった人は選挙によって怒りや不満を表現できる、ときには復讐だって果たせるのだということを、自覚していないのではないか」。
さらに、「民主党政権を断罪するために投票した人は、復讐願望の表れ。こういうガス抜きをしないと怒り、不満が発散されず、テロのような形で爆発することになりかねない」、とかなり過激な発言です。
とはいえ、投票する権利を行使することはやはり重要ですね。片田さんはこういうふうに表現しています。

「投票しても何も変わらない」とか、「入れる党がない」という理由で棄権した人は、せっかくの復讐のチャンスをみすみす逃してしまったことになる。何ともったいないことをしたのか。いやな奴を落選させたければ、対立候補に入れればよい。公約を守らない嘘つきの党を壊滅させたければ、他の党に投票すればよい」。
なるほど、こう考えれば投票に出かける人が増えるかもしれません。
アメリカでは、選挙権は年齢に達しただけでは与えられなくて、自己申告により選挙人登録しなければ投票できないそうですね。

|

12/20/2012

かりんの蜂蜜漬け ことしは・・・

Sp1040310


去年、のどにいいというかりんの蜂蜜漬けを冬用飲み物として作りました。これがまだ残っているのと、包丁の刃がこぼれるかと思うくらいかりんの実が硬かったので今年は中止。
きょうドラッ*グストアで、「カルピス ほっとゆず・かりん」(希釈用)を見つけたので買ってきました。<さわやかな風味のゆずと まろやかなかりんの甘酸っぱく、やさしい味わい>。
今年の冬は、「かりんの蜂蜜漬け」(去年の残り)とこれで寒さと風邪から体を守ることにしましょう。あ、もうひとつありました。「生姜紅茶」。

(文中*は無視してください)

|

焼きみょうばん液の作り方

みょうばん6%水溶液を靴にスプレイすれば、靴の中の細菌が450万個から1万分の1に激減するというNHK「あさイチ」の内容を夏に紹介しました。今朝の「あさイチ」で、ブーツの臭い防止にも最適と紹介していました。
視聴者から「薬局の<みょうばん>の代わりに、漬物に使う<焼きみょうばん>でもいいでしょうか」という質問が寄せられました。私もスーパーで買った<焼きみょうばん>を使っているのですが、溶けにくいのが難点です。
回答は「<焼きみょうばん>でも効果は同じ。ただし、溶けにくいので水でなくお湯で溶かして水溶液を作ってください」。

|

年賀状を書く人の比率が8割を下回った

朝刊に出ていた記事です。年賀状を出す人が減少し、ついに今年8割を切ったそうです。首都圏のサラリーマン500人ほどの調査です。
出さない理由は、準備が面倒 41%、相手の住所がわからない 37%、ソーシャル・メディアで代用 32%。
出す人の平均枚数は49枚、50枚を切ったのは初めてだそうです。

年賀状を書く人も、どんどん少なくなっていくでしょうね。

|

クリスマスが近づいた

クリスマスのことを「Xmas」とか「X’mas」とかよく書きますが、なぜ?
という話題をNHKで放送していました。
本来、救世主を意味するギリシア語「クリストス」の最初の文字Χ(英語のエックスでなく、ギリシア語のカイ、小文字はχ)だけでキリストを意味するそうです。そこから「Χmas」という表記ができたのですが、日本人はこれを省略形と勘違いし、しかも英語のXを使ってX’masと書くようになった・・・。
ついでに「HAPPY NEW YEAR」の前に「A」はいるのかいらないのか・・・。名詞として使うときは必要ですが、挨拶では不要だそうです。

|

12/18/2012

懐中電灯の進化

Sp1040306


パナソニックが単1~4の乾電池いずれか1本だけでも使える携帯型LED電灯「電池がどれでもライト」という究極の防災ライトを1月に発売するそうです。2000円程度。
災害など非常時には便利でしょうね。

|

片足立ちは1時間弱のウオーキング相当

今朝のテレビで骨粗鬆症対策の話題を取り上げていました。片足立ち1分の効果はウオーキング1時間弱に相当するそうですね。

|

産経新聞 vs 東京新聞

Sp1040303


今朝の産経抄が、東京新聞政治部長のコラム「脱原発の民意と隔たり」を批判しています。選挙が東京新聞の望み通りの結果にならなかったからといって、「民意と大きく隔たった結果」というのは「議会制民主主義への誤解」と指摘。
京大・佐伯啓思教授の「議会主義とは不安定な民意を直接に政治に反映させない工夫」を引用しながら、代替エネルギーの裏付けのない無責任な原発ゼロ政策は認めない、これが民意と考える方が自然だろうというわけ。
かつて福田赳夫元首相が、総裁予備選挙で思わぬ敗北を喫したときの名台詞「天の声にもヘンな声がある」にならって、見出しを「民の声にもヘンな声がある」とでもしたらよかったと皮肉っています。

|

誓います、でなく 約束します

今朝の産経に作家・湊かなえさんのエッセーが載っています。ちょっといい話だなと・・・
<12年前、教会の結婚式で「病める時も、健やかなる時も・・・」の神父さんの問いかけに「誓います」と答えようと思ったら、事前講習で「誓います、でなく約束しますと答えてください」と言われ、(間違えないように)頭の中で何回も繰り返し、言い終えたときには安堵の息をついた>
湊さんはこう解釈したそうです。
<誓います、は自分で決意する自己完結の言葉。約束します、は相手がいるからこそ成立する責任を伴う言葉>
そして、<皆の前で約束してしまったからうちの夫婦はどうにか仲良く過ごしています>
言葉ひとつでも、よく考えると味わい深いですね。

|

12/17/2012

百歳以上の9割は女性

見逃した「たかじんのそこまで言って委員会」をネットで見ていたら・・・
<50年前には百歳以上の人が全国でわずか153人、ところが現在は5万人。その5万人のうち9割は女性> だそうです。
女性は社会進出するようになって、内にこもるだけでなく、外へも出て生活範囲を拡大しています。内と外の両方で魅力的な生きがいを開発しています。一方、男性は相変わらず・・・。
男女の寿命差は、こんなところに由来しているようです。
番組で言っていました。「あなたを一生幸せにするよ、と言う男性の9割は嘘をつくことになります(自分の方が先に死ぬから)」。

「いつも自分は28歳だと思って生活せよ!」なんて言っていましたね。

|

12/16/2012

選挙のために?

投票率は伸びていないようですね。争点が多くて、どこを選べばいいのか迷う人が多いのでしょうか。
「たかじんのそこまで言って委員会」を見ようとテレビをつけたら、きょうは1時間ほどはやく始まっていました。「家政婦のミタ」再放送のために、定常番組をなぜ動かすのだ? それとも選挙特番の影響?
「おっさん大賞」受賞者の話が聞けなかったので、インターネットで探そう。

|

12/14/2012

投票用紙にこう書くと・・・

きょうの産経夕刊に、選挙の投票用紙にこう書くと、どう判断されるかが書いてありました。
(比例代表)
日本 → 無効(党名に日本が入る党は多い)
にほん → 日本共産党としてカウント。他は「にっぽん」
民 → 民主党としてカウント
みん → 無効
(小選挙区)
「山田太郎」 → 無効(名前以外を書くと無効、名前を四角で囲んでも無効)
山田さん → 有効
山田さんに → 無効(山田さんに投票するのか、しないのかわからない)
(愛称) → 社会的な浸透具合によって判断

|

投票数に小数点以下がでることもある

投票用紙に書いてあった名前が複数の候補者の誰か特定できない場合、得票率で割り振るため、小数点以下が出ることもあるそうです。

|

阪急三宮が神戸三宮に?

阪急電鉄が、阪急三宮駅の名前を改称することを検討中だそうですね。神戸市の中心部にあるのに「神戸」が入っておらず、観光客や外人にわかりにくいため。もともと昭和43年までは「神戸駅」だったそうです。

部外者は神戸市の駅名に混乱しますね。
・阪急、阪神は「三宮」ですが、JRは「三ノ宮」。
・JRには2駅西に「神戸」があります。昔はこちらの方が繁華街だったのでしょうか。
・市役所や商業地域の中心に近いのは「三ノ宮(三宮)」ですが、県庁は一つ西隣のJR「元町」が近く、山陽新幹線の駅は北に離れた「新神戸」。
・JR山陽新幹線から従来の山陽本線に移動する場合、JRと関係ない地下鉄に乗らなければならない、というのもあまり例のないことでは・・・

|

他候補を大きくリードしている

私は期日前投票を済ませましたが、本来の投票日はいよいよ2日後。以前、中学の同期生が「息子が衆議院選に出馬することになった」と葉書を寄越していたのを思い出して、新聞の終盤予想を見たところ、「×区○○も他候補を大きくリードしている」と、当選間違いないような予想でした。20代なのにすごい・・・

|

肥後橋商店街/福助で あんこう鍋

東京から海老名さんを迎えて、懐かしい福助で鍋を囲みながら語り合いました。参加者はパソコン通信時代からの仲間10名。新鮮なアンコウ鍋は、ほんとうにおいしかったですね。味も抜群。

海老名さんは来年5月定年退職とのこと。それを記念した催しでした。
niftyのフォーラムを中心として、パソコン通信上だけでなく、勉強会・オフ等にみんなが熱中していたあの時代、当時の熱気はすごいものでした。そんな思い出話に花(華)を咲かせた3時間でした。

「日本一短い商店街 肥後橋商店街」のキャッチフレーズを考えたのは、目の前で鍋をつついていたU氏だそうです。もうひとつすごい逸話も聞きましたが・・・省略。

なお、福助横の小道を20mほど行ったところに、ユニークな「段ボールを使ったアート」の店があります。先日、テレビでも紹介していました。ママの話では、ご主人が毎日、福助に来るそうです。
S


|

12/13/2012

健康常識のまちがい

「リビング大阪」師走特別号から。
健康常識は、時代によって変わります。時にはいつのまにか逆が正になっていてびっくりすることも。
3)は何年か前まで、正しいと思っていました。

1)風邪の熱は体をあたためて汗をかくと下がる(×)
→あたため過ぎると、体力消耗と発汗による脱水のため危険。高熱の際は、体の温度を下げるため、首の周囲、わきの下、そけい部(股の付け根の内側)など皮膚に近いところに太い血管が走っている部位に冷やしたペットボトルや冷たいタオルを置く。 

2)白髪になった毛穴から黒髪は生えない(×)
→髪の色を作る細胞メラノサイトの活動が衰えると白髪になる。ストレスや栄養の偏りが原因の場合、これらを改善すれば黒髪に戻ることもある。ただし加齢が原因の場合は無理。 

3)暗いところで読書すると、目が悪くなる(×)
→視力低下には関係ない。 

4)鼻血が出たら上を向いて、首の後ろをたたく(×)
→上を向くと鼻血がのどや気管に入ってむせたり、窒息する。下を向いて小鼻を圧迫する。首の後ろをたたいても効果なし。

|

12/12/2012

ガリガリ君が あずき大福に

Photo


おいしそう! 発売は12/18~来年3月、¥126。
近所のスーパーで買えるかな。

「あずき大福がかき氷に!? 外側のアイスキャンディーは国産の米粉を使用し、大福の求肥の食感と口どけをイメージ。中のかき氷部分は、生クリームを使用した濃厚なミルクかき氷に、あずき感と甘さにこだわった北海道産のつぶあんをたっぷり入れました。大福のような味・食感が氷の食感と一緒に楽しめる新しいガリガリ君です」。

プレスリリースの写真を見ると、袋のデザインは3種類あるようです。

|

期日前投票

区役所に行って宣誓書に記入後、小選挙区→比例代表・最高裁の順に投票を済ませました。選挙当日の投票会場より賑わっていた感じ。いつも出口あたりにおいてある「投票済証」がないと思ったら、経費削減のため廃止したそうです。必要な人は申し出るようにと、張り紙がありました。
区役所出口に待ち構えていたのは、NHKと朝日新聞の出口調査員。最近は、期日前投票が全体の2割程度を占めるようになり、各社とも力を入れていますね。前回も2社立っていました。先に近づいてきた朝日のアンケートに協力しました。
「小選挙区はだれに投票しましたか」「比例代表はどこに投票しましたか」「原発についてあなたの意見は? 即ゼロ/徐々にゼロ/維持」「今回の選挙で政治はよくなると思いますか」「支持政党は」といった質問が並んでいました。
小選挙区の選択肢に、立候補していない人の名前まであったので、「立候補取りやめた人も書いてありますが・・・」と聞くと、「間に合わなかったらしいです」。ふーん、よくわかりませんが。

|

12/11/2012

映画館の無料コミック

最近の映画館に行くと、無料のコミック小冊子が置いてあります。先日出かけたときも、「大奥」、「今日、恋をはじめます」、「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の3冊が・・・。
「大奥」は12/22ロードショー、堺雅人、菅野美穂。
「今日、・・・」は12/8から上映中、武井咲、松坂桃李。
「すーちゃん・・・」は来年3/2ロードショー、柴咲コウ、寺島しのぶ、真木よう子。

Sp1040278


もともとコミックが原作の映画が多いからの現象でしょうか。

|

騙す方が悪いのか 騙される方が悪いのか  その5

菊地弁護士のお話から、騙されないためには、欲をださないことが大切なようです。最後に、心構えとテレビ通販に関する注意事項を。

・楽して儲けられるいい話があるほど、世の中甘くない。
「この資格をとれば、当社顧問になれます。仕事を回します」→本当なら、電話かけてきた本人がその資格をとればいい。そんないい話を他人に教えるお人よしはいない。
コツコツ地道にやるのが一番。

・投資には注意。仕組み債(デリバティブ)は難しい。自分で確認できないものに手を出さない。大金を運用する場合、中身を理解し、リスクは何かわかってからにすること。セールスマンはうまいのでごまかされないように。

・テレビの通販で購入したものは、クーリングオフできない。本来、契約は守らなければならない。いやだといえない状況の中でサインしたもの、自宅まで押しかけられ追い込まれて不利な状況でサインされたときは冷静な判断ができないときには8日間だけクーリングオフができることになっている。テレビはリモコンで切ったり、チャンネルを変えればすむ話で、それでも買ったのは自己責任。ただし、返品できる制度はある。(終)

|

12/10/2012

選挙へ

さあ、明日期日前投票に行って来よう。
今回の選挙は、多くの政党が乱立し、だれに投票するか迷う人も多いでしょうが、よくよく見ると大阪の選挙区(小選挙区)の中には、「圧倒的な勝利を予想されている」政党も、「大阪から国を変えようと張り切る」政党も、「公示直前に原発ゼロを掲げて結成された」政党も、その他第三極も立候補していないところがあります。立候補しているのは、3つの政党のみ。選択肢が少なすぎるという選挙民の声を新聞が伝えていました。

|

映画 綱引いちゃった

大分市あげてバックアップした映画みたいですね。主演井上真央、ほかに松坂慶子、玉山哲二、浅茅陽子、西田尚美が出演します。実在した女子綱引きチームを題材にしたオリジナルコメディです。

知名度の低い大分市をPRするために、市長命令で女子綱引きチームを結成し、全国大会出場を目指します。給食センター廃止を阻止するため、センター勤務者を集めてチームを結成、キャプテンは井上真央です。
ウィークディの午後でしたが、座席200人のスクリーンで見ていたのはわたしだけ。広
い空間を独り占めしてなんとも贅沢な気分、とはいえ、なんという効率の悪い上映でしょう。気の毒なので、見るのをやめて出直そうかと思ったくらい。

12スクリーンもある大型シネコンですから、こういうことも珍しくないかもしれません。 「観客ゼロでも上映は続けるのかなあ」なんてつまらないことを考えてしまいました。
映画自体は、楽しめたのですが・・・
http://www.tsunahiki.jp/

|

12/09/2012

日経 文楽の夕べ  その2

ミニ公演は新春公演のハイライトを特別公開。
座談会は、ミニ公演に登場した技芸員から生の声が聴ける異色の企画でした。文楽には、庶民に成りすました人物が、じつは有名人だったという設定が多いそうですが、舞台上でこれをどう演じ分けるか、実演を交えて、語り、三味線、人形別に解説がありました。

「ひらかな盛衰記」で松右衛門がじつは樋口次郎兼光であると名乗る場面の語りは、声を変えるのでなく、「息を変える」そうです。これで芝居の流れがころっと変わります。三味線もその場の雰囲気を盛り上げる時代劇ならではの「ノリ」を演じ、空間をしめます。三味線のツンひとつで大夫が語れなくなることもあるくらい重要なのだとか。舟を漕ぐときの「ヤッシー」という語りと三味線のアンサンブルの実演もありました。あくまでも大夫が主、三味線が補助ですから、大夫の語りが生きる弾き方をするそうです。人形も町人に化けているときと本来の姿に戻るときでは、動きの速度を変えます。腹に力を込めて演じます。

人形遣いは足だけで15~20年、基礎を真面目に身に付けるといろいろな形ができてくるそうです。人形遣いはセミと同じ。幼虫のとき勉強したことが生きてきます。好きでないとできない仕事。人形の邪魔にならないよう、無表情で舞台に立つように心がけますが、これがなかなか難しいとか。
正月公演から住大夫さんも復帰されるそうです。(終)

|

映画 007 スカイフォール

007シリーズもスタートから50年。昔は必ず映画館で見ていたものです。最近あまり見ないので、今のジェームズ・ボンド役俳優も知りませんでした。
いきなり仲間から狙撃され、疾走する列車の屋根から谷川に転落するボンド・・・まさか、ボンドの訃報から始まる映画とは思いませんでした。
最後はおなじみのボンドの上司Mおばあちゃんも亡くなるし・・・、50年目でいよいよシリーズもジ・エンドかと思ったら、「Bond will return」と字幕に出たところを見ると、ボンドはやはり不滅のようです。
久しぶりに派手なアクション映画を見ました。もっとも昔のようなお色気シーンはほとんどありませんでしたね。
http://skyfall.jp/

|

北斎 ―風景・美人・奇想―  その2

Simg_0001


各地の名所を描いた作品の中に、大阪天保山の絵がありました。天保年間に、安治川の浚渫土砂を積み上げてできた山ですが、現在は日本一低い山4.53mとして有名です。当時はけっこうな高さがあったようです。Wikipediaによれば当時の高さは20m。
滝の描写もさまざまです。大木の根が張り巡らされたように力強く流れる滝、霧が舞い上がる滝、まるで直立する木々が並ぶような水流の滝、岩から水がしみ出る滝・・・
美人画も同一人が描いたとは思えないほど、多様な作風の絵が並んでいました。解説に傑作と書いてあった「夜鷹図」(夜の鷹を画いたわけではありません。美人画ですから)は、墨絵を思わせるような絵でした。
奇想とは、ふつうでは思いつかないような奇抜な考えのこと。北斎は、類まれな発想力とそれを表現する卓越したテクニックにより、見る人を驚かせます。宮部みゆきさんの作品(あんじゅう、おそろし)に、百物語を題材にした小説があります。怪談話を100話語り終えると、本物の怪が現れるとされる江戸時代の行事です。北斎の絵にも百物語が出てきます。
予想をはるかに超える多数の作品に接し、意外な北斎の姿を見た思いです。(終)

|

12/08/2012

騙す方が悪いのか 騙される方が悪いのか  その4

隙があれば狙われます。どうすればいいのか? 菊地弁護士の勧める処方箋は次のようなものでした。ポイントは、「隙をみせない」、「十分確認する」、「必要なものを買う」。具体的には、
1)事例をよく知って、隙をつくらない。敵は相手を信じやすい人を狙う。その人の弱みを研究し、組織として徹底的に攻めてくることを忘れないように。
2)敵は相手をせっつかせ、その場で決断を迫る。冷静に考える時間を与えない。「いま金を払えば示談に応じてもらえる」。その場ですぐ金を払わず、ゆっくり確認しよう。
3)日ごろから家族間の交流を図っておく。会話がうまくできているか?
4)消費者被害の例
<催眠商法>人を集めて大きな声で、おもしろおかしく話しながらいい雰囲気にする。孤独な老人に楽しい時間を提供する。ワーと盛り上げ、冷静さを失わせる。途中でいやだと言えないようにし、高
価な商品の契約書にサインさせる。一人暮らしの老人に布団10組を買わせた例もある。
<デー*ト商法>出会*い系等で、若い男性に魅力的な女性を近づける。「いい服を着ていると就活に有利」と女性に言わせ、展示即売会で服を買わせる。自宅でなくても訪問販売にあたるため、8日以内なら何の理由もなくキャンセルできる(クーリングオフ)が、女性から言葉巧みに8日間、「早くあなたのあのスーツ姿を見てみたいわ」などと電話をかけてくるので時間がどんどん経過する。キャンセルできなくなった9日目から電話がぱったり通じなくなる。
<無料アンケート>エス*テのアンケートに記入して「ちょっと代謝が悪いようですね。5年もすると肌がガサガサになります。このサプリを飲むといいですよ」。服を脱いで無防備状態では、冷静な判断ができない。高価でもクレジット、分割なら払えると思ってしまう。無防備、ひとりだけ、まわりを囲まれて・・・いずれも危険。

(文中*は無視してください)

|

北斎 ―風景・美人・奇想―  その1

大阪市立美術館で開催中の「北斎展」に会期末ぎりぎりで駆け付けました。ウイークデイでしたが、大入り満員。あす12/9が最終日です。
北斎と言えば富嶽36景が有名ですが、美人画や各地の名所、百人一首、奇想等、さまざまなジャンルの版画や肉筆画が多数展示されていました。富嶽36景が70歳代の作品だったことにはびっくり。江戸時代の70歳代ですから、ずいぶん元気な人だったようです。
精細な線を自在に操って、微妙な部分までていねいに描き込んだ画風にも驚きました。版画とは思えません。富士山の絵も、有名な「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」(赤富士)のほか、多くの作品がならんでいました。36景のあと好評に応えて10点追加し、さらに富嶽100景の本も展示されていました。

|

12/07/2012

宮部みゆきさんの既読作品リスト作成

図書館から借りてきた小説が、以前読んでものと判明。単行本が文庫本になり、表紙の絵も変わってきましたので、続編かと思ったのですが・・・失敗、失敗。
今年になって宮部みゆきさんの本を集中的に読んでいます。1月から現在までに読んだ38冊のリストを作りました。今後、リスト片手に重複しないようチェックして借りることにします。

|

フェルメールの小径

Photo


先週、神戸市立博物館でフェルメールの「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」と「ディアナとニンフたち」を見ました(既報)。フェルメールといえば、大阪・天王寺の大阪市立美術館近くに「フェルメールの小径(こみち)」があることをご存知でしょうか。平成12年4月1日から7月2日まで日蘭交流400周年記念事業として「フェルメールとその時代」という展覧会が開催されました。いま神戸にきている「真珠の耳飾りの少女」も出品されました。
フェルメールの絵は世界に多くて36点、疑わしいものを除けば30点前後しかありません。このうち5点が出品されたのですから、「信じがたい事件」とまで言われました。フェルメールを鑑賞するため60万人もの人が、この道を通りました。多くの人々に感動を与えた同展にちなんで、平成13年7月、この道は「フェルメールの小径」と名付けられました。

|

12/06/2012

3回目の生活笑百科スタジオ観覧  その3

今回は、収録途中でストップし、少し手前から収録しなおしが1回(台本を飛ばしたらしい)、顧問のコメントやり直しも1回。
相談者や上沼さんのトーク中に小島幸保さんが登場したのもちょっと珍しいかも。たとえば、大助・花子のやり取りで、花子「いま、(大助が)小島先生の肩を持った。あやしい、できてるな!」。(小島先生が大笑いしているのを見て)「先生、ほんとに嫌がってる!」

わたしが「生活笑百科」を観覧するのは3回目ですが、3回とも同じバスで帰ることになったおばあちゃんが2人。なんと家族中の名前で葉書をだし、毎回欠かさず参加しているそうです。テレビを見た親戚の人から「あんたいつもどこで遊んでるん?」と笑われるとか。スタジオ内でこんなことをしゃべっている人もいました。「○○ジョンとか○○たまの名で応募する人もいるらしい。犬や猫も家族だと言って」。ばれたら間違いなく無効でしょうが・・・

|

日経 文楽の夕べ  その1

日本経済新聞主催「文楽の夕べ」(11/29(木)、大阪市中央公会堂)に行ってきました。伝統芸能の伝承に力を入れている日経がこの催しを始めたのは2004年、今年9年目を迎えました。日経新聞新春紙面で特集記事が掲載されます。
文楽は橋下市長の批判効果もあって、夏、秋の公演とも大入り。特に11月は前年比6割増しだったそうです。
第一部は対談「上方の文楽 江戸の芝居」(文楽人形遣い 桐竹勘十郎、俳優 加藤武、進行役は日経新聞社の山脇晴子)、第二部は文楽ミニ公演(義経千本桜~すしやの段より、ひらかな盛衰記~松右門内の段より)と座談会「ここが見どころ 聴きどころ」(竹本文字久大夫、鶴澤藤蔵、吉田幸助、進行役は南端玲子)。
桐竹勘十郎さんは、「初めて顔を出して公演したとき、緊張のあまり舞台で気絶した」、「今年のアルジェリア公演は大成功だった」、「修行の苦労(先輩に聞きに行っても<まだ早い>、<盗め>、そこでこんな工夫を)」、「便利に頼ると芸は滅びる(ビデオ、カセットはだめ)」、「大夫、三味線、人形はお互いに相手に合わせない」。歌舞伎や文楽に詳しい加藤武さんは、病気療養中の住大夫さんから「あすはよろしく頼む」と電話がかかってきた」、「文学座の先輩杉村春子さんに<あんたの演技は全部借り物、主体性がない>とおこられちゃった」、「文楽は筋で見たらだめ、わからなくても見るのが大事。解説はいらない」等、大きな声で熱弁をふるわれました。

|

騙す方が悪いのか 騙される方が悪いのか  その3

詐欺の騙しのテクニックはどんどん進化し、自分は絶対大丈夫と思っている人も簡単に騙されてしまう、という恐ろしい話が続きます。

オレオレ詐欺グループは、ターゲットをピンポイントで狙っています。素性もすべて調査済み。名簿屋という商売があり、1人15~20円で売買されています。キーワードさえ入れれば、たとえば「関西・男・年齢・年収・一戸建てに居住」の該当人物リストがたちどころに入手できます。適当に電話しまくっているわけではありません。狙われるべくして狙われています! 
最近は、自然エネルギーの太陽光や風力発電、iPS細胞がらみの投資話もよく詐欺に使われます。
騙しのネタはどこにも転がっているようですね。

講演者の菊地弁護士自身、電車の中で網棚に置いた鞄を盗まれ、「そんなところに置いて、油断したあんたが悪い」と言われたそうです。
自分だけは大丈夫と思っている人が、ころっと騙されると聞けば、ぞっとします。

|

12/05/2012

騙す方が悪いのか 騙される方が悪いのか  その2

一度騙された人は、二度、三度と狙われます。オレオレ詐欺グループは、成功したカモをそうそう簡単に手放しません。「私たちはオレオレ詐欺被害にあった人のお金を、警察と協力して取り戻す活動をしているNPO法人です。取り戻すためには手数料が必要ですので・・・」。警察と聞いただけですっかり信用して引っかかります。
悪い連中は、弱いところを徹底して攻めてきます。高齢者(65歳以上)、後期高齢者(75歳以上)、末期高齢者(85歳以上、言葉が悪いが・・・)はターゲットにされやすく、一人住まいの場合はさらに注意が必要です。

|

12/04/2012

騙す方が悪いのか 騙される方が悪いのか  その1

テレビ番組「行列ができる相談所」などでおなじみの弁護士・菊地幸夫氏の講演を大阪商工会議所で聴きました。だれでも騙されてしまうテクニックをいろいろ伺いました。

オレオレ詐欺はどんどん進化しています。いまやいきなり電話で泣き言を言うようなテレビでよくやっている手は使いません。役割分担し、組織的に攻めてきます。すべてマニュアルがあります。長電話をすると怪しまれるため、一言、二言しゃべってすぐ切ります。「ゴホン、ゴホン。オレ宛の手紙きてない? ああそう」、ガチャン。翌日も、その次も毎日、たわいのない短い電話をかけてきます。そのうちその声に慣れてきます。もう騙せると確信したところで、本格的な詐欺を仕掛けます。「じつはいま、金が必要なんだ」。やりくちは非常にソフトです。

金の入手方法も以前のようにATMから払込みさせる方法はとりません。金融機関の監視が厳しいため、最近は現金を受け取りにいきます。仲間を偽の郵便局員に仕立てて、「いまから郵便局の○○さんが受け取りに行くから渡して」。郵便局員という身分をすっかり信用し、かんたんに信じてしまいます。

|

3回目の生活笑百科スタジオ観覧  その2

假屋崎さんは愉快な方ですね。「(人生の)向かい風を追い風に変えるにはどうすればいいですか」との質問に「体の向きを反対にすれば・・・」。増位山さんは「負けるとその日に通った道とは別の道を通る。負けが込むと歩く道がなくなる」。
番組の中で人形を持ってきたり、相談テーマを紹介しているかわいい女の子・平野あゆみさんは、ホノルルマラソンで走っているそうですね。休憩時間に漫談?を披露してくれた宮川隼人さん(宮川大助・花子の弟子)が、「去年ホノルルマラソンで走っていたら、平野さんが走っていて、<後ろをついて来ないでください>と言われた。今年は絶対勝つぞ」と張り切っていました。

|

12/03/2012

3回目の生活笑百科スタジオ観覧  その1

NHK大阪8階T2スタジオでの収録開始前、担当プロデューサーから、「みなさん、お屠蘇も済んで今年平成25年はいかがですか?」。ウン、ああそうか、放送は来年1月26日と2月2日だからね。新年を迎えた気分で収録に協力して欲しいということのようです。

今回は相談室長:笑福亭仁鶴、相談員:上沼恵美子、桂吉弥、顧問:小島幸保、ゲスト:(1回目)假屋崎省吾(華道家)、(2回目)増位山太志郎(大相撲親方、歌手)、相談者:(1回目)横山たかし・ひろし、宮川大助・花子、(2回目)幸助・福助、宮川大助・花子 のみなさん。

収録中のスタジオは、終始笑いの渦に包まれています。笑いがナチュラル・キラー(NK)細胞の活性化と、 免疫力に関わるリンパ球の正常化を促すなど体に抵抗力をつけますので、「風邪にもがんにも効く番組」です。

|

12/02/2012

「知研関西25周年セミナー」
知的生産の技術研究会・関西の25周年セミナーに参加。東京から81歳の八木会長もお見えになっていました。高島さん、河西さん等懐かしい顔ぶれも。
八木会長のあいさつ、メンバーによる知研関西の思い出、水谷さんの「知研関西25年の歩み」に続いて、長年、梅棹先生の秘書として、身近で先生を支えていらっしゃった三原喜久子さんの講演「梅棹忠夫アーカイブズ 知的生産の巨大技術のなかで」を聴きました。

先生の業績は中学時代の山の本から始まります。お亡くなりになったのは、念願の著作リストが完成した翌年。最後の単行本も山にちなんだ「山を楽しむ」でした。
探検に出かける前の周到な調査、詳しい日記、しかも自分だけでなく他人にもわかるような記述・・・そうした記録、書簡、スケッチ、写真等が50音順のオープンファイル1万数千冊あります。知研八木会長との手紙のやり取りも「や」のところにきちんと現物が整理保存されているとのこと。ただ、最初のはがきは、「<知的生産の技術>への反響」のファイルから出てきたそうです。先生の著作物から引用されたもの、批評等も著作に準じて収集してあります。写真は民族学的な200字以内の説明付き。ただし失明後は、写真を見ることができなくなったため未完成のまま。文字と違って写真は拡大しても点の集合体にしかならないため、あきらめざるを得なかったそうです。
現在、1944-46の内モンゴル探検でのスケッチ等の記録を持って、民博の研究者が現地に出かけ、当時と今の違いを調査中。来年、研究成果が公開されます。
フィールドノートは詳しいインデックス付きです。「書き残す」、「使えるように整理する」という方針が徹底しています。
原稿用紙が3行余ると、その部分を切り取って後で使ったり、納得のいかない道具は自分でオーダーして作らせるといった先生の研究生活ぶりもお聴きしました。

三原さんによれば、「先生がもし失明されなかったら、著作目録も完成しなかったし、著作物も少なかったのでは・・・。あのまま超多忙であちこち出かけて仕事を続けられていたら、そうしたことに手が回らず、どこかで電話を握ったままこと切れるという事態になっていたかもしれません」。

|

12/01/2012

老祥記の豚饅頭/マウリッツハイス展のついでに  その5

久しぶりに南京町の老祥記で豚饅頭を買いました。いつも長い行列ができる店ですが、20人くらいしか並んでいなかったので。1個90円。

|

旧居留地/マウリッツハイス展のついでに  その4

P1040205


マウリッツハイス美術館展を開催中の神戸市立博物館は、神戸旧居留地にあります。居留地は、かつて外国の治外法権が及んでいた地域です。関西の旧居留地と言えば神戸が有名ですが、じつは大阪市内にもあったのです。以前、「大阪新発見散歩」(昭文社)編集のお手伝いをしたとき、「川口・九条・大阪ドーム」を調査・執筆したのは私でした。大阪市の川口に「川口居留地跡」の碑があります。
明治政府は安治川と木津川が分流する川口を大阪港として開港し、治外法権の外国人居留地に設定しました。その後、川底が浅いため大型船の出入りができなかったため、外国人商人は神戸居留地に移転しました。この跡地にキリスト教の教会が建てられ、多くのミッションスクール発祥の地となりました。
神戸市立博物館から歩いていたら南京町近くに、「神戸外国人居留地跡の碑」がありました。1868年(慶応3年)の兵庫開港とともに設置され、1899年(明治32年)まで存続していたそうです。大阪の川口居留地もなくなったのは同じ年でした。

|

« November 2012 | Main | January 2013 »