« 日経の文具セット | Main | 中東とアラブ世界、イスラム世界の違い »

12/29/2012

料理 ナスのピカタ

ピカタ(伊:piccata)は、イタリア料理のひとつ。ピッカータともいうそうです。
<薄切りの肉などに食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、パルメザンチーズを混ぜた溶き卵をたっぷりとからませてソテーしたもの>
という基礎知識を仕入れたところで「おしゃべりクッキング」12月号の「新しいなすの食べ方 なすのピカタ」にチャレンジ。これはおいしいですよ。これが「なす」から作られているとはちょっと思えません。
テキストのきれいなできあがり写真と比べると、あきらかに焼き過ぎでしたね。次回は焼き色が付くくらいでやめておこう。

(材料)なす 2本、豚ひき肉 80g、卵 2個、小麦粉 大匙2、パルメザンチーズ(粉) 大匙1、パセリ(みじん切り) 大匙1
 塩、こしょう、小麦粉、バージンオリーブオイル油 
(作り方)
1)なすの皮をむき、縦に7~8mm幅に切る。
2)ボウルに卵を溶きほぐし、豚肉、小麦粉、パルメザンチーズ、パセリ、塩、こしょうを加えて混ぜる。
3)なすに塩をして、小麦粉をまぶし、卵の衣がはがれないようにする。
4)フライパンにバージンオリーブオイル油を熱し、なすに2)をつけて入れ、中火で焼く。焼き色がついたら返し、なすにゆっくり火を通す。

|

« 日経の文具セット | Main | 中東とアラブ世界、イスラム世界の違い »