« 黒い十人の黒木瞳Ⅱ | Main | 正月の新聞  2/日本力(産経) »

12/31/2012

正月の新聞  1 /神話を訪ねて(産経)

産経の第3部分冊(P73~84)は「日本の源流/神話を訪ねて」。1ページ目は今年秋に神宮式年遷宮を行う「伊勢神宮/日出ずる 母なる聖地に」。古事記の神話には意外にも伊勢神宮が1回しか出てこないそうです。今年のさっぽろ雪まつりに、式年遷宮を奉祝する大雪像が登場する、という記述が下段の伊勢神宮広告の中に書いてあります。最終ぺージは「出雲大社/生命力満つる神在の国」。

この特集で、女優の浅野温子さんが国学院大客員教授で、古事記よみ語りを10年間続けていることを知りました。もうひとつ面白かったのは、「こんなに違う! 古事記と日本書記」。「記紀」として一括りされることが多い「古事記」と「日本書記」ですが、内容はずいぶん違っています。古事記は、天皇中心の国づくりを目指した天武天皇の強い意志が現れています。一方、日本書記は中国向けに日本が歴史に根ざした国家であることを示す正史として書かれているため、神話の記述は少ないという特徴があります。古事記で重要なテーマの一つ「因幡の白ウサギ」も出てきません。日本神話のヒーロー ヤマトタケルノミコトについても人物評価は対照的。なかなか興味深い内容です。

|

« 黒い十人の黒木瞳Ⅱ | Main | 正月の新聞  2/日本力(産経) »