« カレンダーのクルンを直すには | Main | 百貨店とデパート »

12/28/2012

宮部みゆきさんの <おそろし>

以前取り上げた「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」は、今回の「おそろし 三島屋変調百物語事始」の続編でした。順番にこだわらず読んでいますので・・・。

袋物の店三島屋に引き取られた女主人公おちかは、ある不幸な事件で傷ついていて、おちかの傷を癒すために叔父の伊兵衛は、同じような不幸な過去を持った人間たちを三島屋の黒白の間に呼んで、おちか一人に不思議な事件を語らせます。
哀切にして不可思議な宮部みゆきさんの百物語が始まります。
先日見た「北斎展」に、北斎の描いた江戸時代の百物語の絵があったことを思い出しながら、興味いっぱい、楽しく読みました。

|

« カレンダーのクルンを直すには | Main | 百貨店とデパート »