« 1億分の1の確率で当たっていた | Main | YAHOO地図、ここが便利 »

01/29/2013

映画 東京家族

山田洋次監督の『東京家族』を見ました。小津安二郎監督の代表作『東京物語』をモチーフにした映画です。両者の比較や出来について賛否両論がネットにあふれています。
むずかしい映画論はさておき、私が気になったのは今回の作品が同じ広島とはいえ、尾道でなく瀬戸内海の大崎上島(木江=きのえ=)になっていたこと、および広島出身の私が聞いたことのない方言がいろいろ出てきたこと。尾道はすでに小津安二郎監督と大林宣彦監督が使っているので避けた? それとも海をわたるフェリーシーンを撮りたかった? 
方言については、対岸が生まれ故郷の私(しかも母の実家はその島)でもこんな言い方があるの?という表現が多々あったのに少々違和感を抱きました。間に海があるだけでけっこう言葉は変化しますからこういう島の方言があるのかも。方言指導した人がどこの出身でどこに住んだことがあるのか、ちょっと興味がわきます。

|

« 1億分の1の確率で当たっていた | Main | YAHOO地図、ここが便利 »