« 柴田トヨさん、未発表の最後の詩 | Main | 米朝一門の落語会  その1 »

01/21/2013

官公庁 新聞・雑誌削減、その後

先週の「たかじんのそこまで言って委員会」で、飯島勲氏が指摘した「民主党岡田副総理による新聞購読削減」は、自民党政権が見直すことになったようですね(きのうの産経記事)。
岡田氏の要請により、各省庁が削減した新聞・雑誌の購読部数は2万8000部、額にして6億9000万円。さらに来年度1万4000部の削減が計画されていたそうです。削減により各部署で新聞を1部しか取れなくなり、他の部署から借りて回し読みするケースが続出、「一度に何紙も読み比べ、迅速に物事を判断しにくくなった」という声が上がっていたそうです。複数の新聞で、主張の異なる記事を読み比べ、記事のスペースや配置、見出しの大きさも含めてチェックするのは当たり前のこと、とくに政治家なら忘れてならない常識でしょう。ケチる対象が違います。あきれた民主党の置き土産です。

|

« 柴田トヨさん、未発表の最後の詩 | Main | 米朝一門の落語会  その1 »